二之鳥居(石鳥居)
八代城主長岡筑後守の寄進
参道。左右に赤唇の狛犬。
疋野神社(ひきのじんじゃ)

御祭神は、波比岐神(はひきのかみ)です。
大年神が配祀されています。
※「波比岐神」は、古事記の中で「大年神」の子として登場し、屋根を守護する神様とされています。
疋野神社の由緒によれば、太古より玉名の地に鎮座し、この地方を守護してきた神様とのことです。

創祀の詳細は不明。
疋野神社では、第12代・景行天皇築紫御巡幸の時より古いとし、2000年近い歴史のある古社と紹介されています。
※景行天皇の在位は、西暦71年~130年と伝えられています。

「疋野長者伝説」ゆかりの肥後の古名社として、古くより崇敬されています。
※炭焼を営む小五郎と都の姫君が、山中の金塊を発見するという伝承。



疋野神社
熊本県玉名市立願寺460


<一覧へ戻る>
拝殿前の神牛の像
<疋野神社のリンク>
荒神社
御社殿の周囲の玉垣には、神社裏手にあった
奈良・平安時代の「玉名郡倉跡の礎石」が使用されている。
拝殿前の小さな厄除の鳥居
本殿後方の「福授水」
御本殿
御本殿
社殿全景
江戸時代初期・元禄四年(1691年)、藩主・細川綱利公の造営。
地図
御社殿全景と御神木の楠
<一覧へ戻る>


疋野長者御神陵
御神陵には、金銀財宝が埋められているとも伝えられ、
毎年4月には長者祭りが行われる。

tel:0968-72-2917‎‎‎
社殿前の三之鳥居
境内。正面に拝殿
表参道
まっすぐに伸びる美しい参道。
木々に花が咲くころの光景は、素晴らしいに違いない。
疋野神社の一ノ鳥居
参道正面の純白の大鳥居。昭和55年の奉納。
参拝は2010年1月6日。
拝殿