<一覧へ戻る>
対馬・参拝メモ

対馬に来島したのは2009年8月1日。
東京から福岡に行き、福岡から対馬に飛行機で入った。
※対馬の到着は10:35。

空港でレンタカーを借り、対馬の神社を巡拝。
「海神神社」
「和多都美神社」
「住吉神社(鴨居瀬)」
「住吉神社(鶏知)」
「厳原八幡宮」と巡った。

レンタカーはヨシナガレンタカーを利用。(空港店:0920-54-4111)
空港と厳原港に窓口があるのでとても便利。

ちなみに対馬の観光案内所は0920-52-1566

対馬の次は壱岐の神社を巡る。
壱岐行きのフェリーは、こちらの時刻表などを参照。
http://www.kyu-you.co.jp/
<一覧へ戻る>


地図
天神神社
御祭神:安徳天皇、菅原道真公
tel:0920-52-0073
天神神社と宇努刀神を違う角度から。

厳原八幡宮の鎮座地、「厳原」は対馬最大の市街地(と思われる)。
その街中に鎮座しながら、境内は落ち着いて静か。
時折団体の観光客(韓国人)も訪れていた。

韓国の方から見ると、神功皇后はどのように映るのだろうか?
ちょっと気になった。

宇努刀神社(うのとじんじゃ)
御祭神:須佐男命
天神神社(左)と宇努刀神社(右)の参道。
平神社
御祭神:天穗日命・日本武尊・仁徳天皇・莵道皇子
厳原八幡宮の境内左手に鎮座。

側面につけられた庇と階段。
御本殿を横から。
右下に庇が見える。
御本殿
流造りだと思うが、左右にも庇(ひさし)と階段がある。
拝殿
神門
参道階段と厳原八幡宮の神門。
二ノ鳥居前の狛犬。
二ノ鳥居に近づくと、参道階段が三本あることに気づく。
向かって一番左は天神神社の参道。
中央は宇努刀神社(うのとじんじゃ)の参道。
そして一番右が厳原八幡宮の参道となる。
厳原八幡宮の二ノ鳥居。
鎮座地である背後の小山が印象的。
※一ノ鳥居は修繕工事中だった。
厳原八幡宮(いづはらはちまんぐうじんじゃ)

御祭神は、応神天皇、神功皇后、仲哀天皇、姫大神、武内宿禰です。

社伝によれば、神功皇后が三韓征伐からの帰途、対馬の清水山に行幸し、この山は神霊が宿る山であるとして
山頂に磐境を設け天神地祇を祀ったといいます。
その後白鳳6年、第40代・天武天皇の命により、清水山の麓に社殿を造営し八幡神をお祀りしたことを
当社の創建とします。

中世以降は、当社を「下津八幡宮(しもつはちまんぐう)」または「八幡新宮」と称し、
対馬国一之宮・海神神社を「上津八幡宮(かみつはちまんぐう)」または「八幡本宮」と称しました。

厳原八幡宮
長崎県対馬市厳原町中村645