琴平神社(ことひらじんじゃ)

境内には、琴平神社と住吉神社の二社が鎮座。
御祭神は、琴平神社が大物主神、住吉神社が住吉三神(と思われる)。
※境内に由緒書がなく、詳細不明。



琴平神社
長崎県雲仙市国見町多比良甲386番1


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>


住吉神社の鳥居から望む眺望
境内全景。並ぶ二つの社殿。
左に琴平神社。右に住吉神社。
地図
朝日射す海の水面。
思わず息をのむ素晴らしい光景。
フェリーから望む海。
かもめの群れがフェリーを追いかけてくる。
フェリーから望む雲仙普賢岳。
山頂は厚い雲に覆われていた。
多比良港。紫に染まる朝焼けが美しい。
有明フェリー
多比良港のフェリー乗り場
琴平神社・参拝メモ

参拝は2010年1月6日。
前日に長崎の神社を参拝し、翌日の早朝、熊本県に渡るべく有明フェリーに乗船することにする。

フェリー乗り場は、国見町の「多比良港」。
有明フェリーの時刻等の情報はこちら

フェリー乗り場および出港後のフェリーから、雲仙普賢岳の山嶺を望むことができる。
住吉神社の社殿側から望む境内。
二つ並ぶ鳥居が印象的。
住吉神社の御本殿
住吉神社の拝殿
並ぶ社殿を別角度から。
琴平神社の御本殿
琴平神社の拝殿
階上の鳥居。奥に琴平神社の拝殿。
参道の階段。
まだ夜明け間もなく、辺りは薄暗い。
琴平神社の鳥居
鎮座地は国見町の「多比良町駅」より徒歩5分。
有明フェリーの「多比良港」より徒歩10分の地。
参拝は2010年1月6日。