阿蘇から高千穂にいたる途中にたつ「日本三大参道下り宮」の標識。
鳥居と社号標
上の標識から車で10分程度で到着。
民家もまばらで人気は皆無
<一覧へ戻る>


草部吉見神社(くさかべよしみじんじゃ)

日本三大参道下り宮。
阿蘇から高千穂に向かう途中、高森町に鎮座。

御祭神は、日子八井命(神武天皇第一皇子)他十一柱。
創建は阿蘇神社に先立つこと六年。
神武天皇東征の際、日子八井命がこの草部の地に入り、現在の草部吉見神社がある地に
宮居を決められたと伝えられています。
草部吉見神社
熊本県阿蘇郡高森町草部2175


<一覧へ戻る>
御本殿
人気がないだけあって、漂う森の気がかなり濃密。
セミの鳴き声もすごい
拝殿正面

参道は下り階段で非常に珍しい光景。
確か貫前神社も下り参道だった。
地図
tel:0967-64-0355
参道の階段から空を見上げる。
まっすぐに伸びた杉の木が雄々しい
参道の階段
神楽殿
階上から望む拝殿