槵觸神社(くしふるじんじゃ)

くしふる神社の鎮座する「槵觸峰(くしふるのみね)」は、天孫瓊々杵尊が三種の神器を奉戴して、
この国を治めるために、天降りました聖地、とされています。

そもそもこの地に社殿は無く、くしふるの山そのものをご神体として崇め奉りましたが、
元禄七年(1694年)六月十五日ご社殿建立を熱望する人々の手により、建立されました。

古来より「武神」としての信仰厚く、また神道流布根源の聖地としても信仰を集め、
隣接する「四皇子峰」とともに“高千穂の聖地”として崇められてきました。

御祭神は、主祭神として天津彦々日瓊々杵尊(あまつひこほににぎのみこと)を、
相殿に、天児屋根命(あまのこやねのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、
、天太玉命(あまのふとたまのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)をお祀りしています。

くしふる神社
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井713


<一覧へ戻る>
地図
<一覧へ戻る>



くしふる神社へ。
人の理解を超えた何かを感じ、
畏れを抱きながら山道をゆく。
このような感覚は、半月前に訪れた山形の湯殿山以来
高天原遥拝所
天孫降臨後、諸神がこの丘に立って
高天原を遥拝されたところと伝えられている

次元歪んでいるかのように感じられた場所。
何がが「ある」ような気配が、遥拝所周囲に漂っている。
非常に強い磁場のようなものを感じる
高天原遥拝所へ
四皇子峰
神武天皇の御兄弟神の誕生の地と伝えられる神域。
ただならぬ気配が漂っていた
高天原遥拝所への参道
くしふる神社周辺は、ここからがすごい
御本殿
くしふる神社の御本殿は、本来天孫が降臨した
「くしふるの峰」とされる

御本殿より空を見上げる
拝殿
くしふる神社参道
天真名井(あめのまない)
天孫降臨の際、この地に水がなかったので
天村雲命が再び天上に昇られ、水種をこの地に移されたと伝えられている。

くしふる神社の参道から左に入り、200mほど下ったところにある
鳥居と社号標
天孫が降臨されたと伝えられる「くしふる峰」に鎮座