御勢大霊石神社(みせたいれいせきじんじゃ)

御祭神は、主祭神:足仲彦大神(仲哀天皇)。
副祭神:天照皇大神、八幡大神、春日大神、吉富大神。

創建は、神功皇后の摂政2年。
第14代・仲哀天皇が筑前国の香椎で崩御されます。
その後神功皇后は、天皇の御魂代として霊石を軍船に積み、三韓征伐を成し遂げられます。
凱旋の後、この大保の里に宮柱をたて、その御石をお祀りしたとの伝承が残っています。
御勢大霊石神社
福岡県小郡市大保字龍頭1032


<一覧へ戻る>
天神社(左)と秋葉社(右)
粟島神社とご神木
地図
拝殿
tel:0942-75-3350
御勢大霊石神社鎮座の杜。
青空が美しい。
御本殿
拝殿
注連柱と狛犬
境内の鳥居と参道。
緑豊かな境内。何となく心が休まる。
参道横の神池
御勢大霊石神社、参道入り口の鳥居。
小郡市の住宅地内にひっそりと鎮座。
こういう由緒を持つ神社が、ひっそりと祀られていることがすごい。
参拝は2009年8月6日。
<一覧へ戻る>