宗像大社・中津宮(むなかたたいしゃ・なかつみや)

旧官幣大社
全国の宗像神社・厳島神社の総本宮

宗像大社は、沖ノ島の「沖津宮」、大島(当地)の「中津宮」、田島の「辺津宮」、この三宮の総称です。

御祭神は、沖津宮に田心姫神(たごりひめのかみ)、中津宮に湍津姫神(たぎつひめのかみ)、
辺津宮に市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)、をそれぞれお祀りしています。
※この三神は、天照大神と素戔男尊の誓約(うけい)によって生まれた女神で、「宗像三女神」と称されています。

創祀は神代。
「日本書紀」には、天照大神より「永遠に皇室をお助けし、皇室からも厚いお祭りを受けなさい」との神勅があり、
三女神がこの地に天降り、お祀りされるようになったとが記されています。
宗像大社・中津宮
福岡県宗像市大島1811


<一覧へ戻る>
<宗像大社のリンク>
神湊湾
宗像大社・中津宮 参拝メモ

参拝は2009年8月6日。宗像大社・辺津宮参拝後に赴く。

中津宮の鎮座地は大島。
大島へは神湊港からフェリーを使う。
※筑前大島へのフェリー時刻表はこちら

乗船時間は約15分。
大島のフェリーターミナルでレンタサイクルが借りられる。
島の北部に「沖津宮」遥拝所があるので、時間があれば訪ねてみるのもよい。
地図
中津宮の前に広がる大島の湾
境内右手の境内社
左より、祓方神社・示現神社、 国玉神社、 松尾神社
境内左手の境内社
左より、前戸神社、 御飾神社・年所神社・御衣代神社、
 御嶽神社
神門と狛犬
tel:0940-62-1311
<一覧へ戻る>


神湊港のフェリーターミナル
フェリー「しおかぜ」
乗船料は片道500円。
参道の階段からの展望
天真名井
天真名井へ
神門より境内を望む。
境内。中央にご神木。右に神門
境内ほぼ全景。右にご神木
御本殿
社殿全景。朱色の灯籠が印象的。
拝殿正面
参道の階段
二ノ鳥居と参道
参道にかかる太鼓橋
参道途中の織女神社
中津宮の一ノ鳥居。
参拝は2009年8月6日。
8月7日は中津宮の七夕祭。地元の子供たちによって、
色とりどりの竹が置かれていた。
大島。写真の中央。湾の近くの小高い丘が中津宮の鎮座地。
神湊より約10kmに浮かぶ島、筑前大島。
宗像の神湊よりフェリーで渡る。所要時間は15分。