新田神社(にったじんじゃ)

薩摩国一之宮、旧国幣中社
御祭神は、天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)です。
相殿に天照大神、天忍穂耳尊がお祀りされています。
※江戸時代までは八幡神も合祀され、「新田八幡宮」「川内八幡宮」とも呼ばれていました。

創建は神亀2年(725年)と伝えられるが詳細は不明。
※「御祭神である邇邇芸尊の墓をお祀りしたのが創始」との言い伝えや、
「藤原純友の乱の時、国家鎮護を祈願し建てた八幡宮の一つ」とする史料もあります。
かつては、同じく薩摩国一之宮を名乗る「枚聞神社」と一宮相論がおきていたとのことです。

新田神社
鹿児島県薩摩川内市宮内町1935-2


<一覧へ戻る>
地図
tel:0996-22-4722
<一覧へ戻る>



可愛山陵(えのさんりょう)

厳粛な雰囲気あふれる場所。
拝殿に参拝する人は多かったが、可愛山陵には人気がなく静まりかえっていた。
可愛山陵の近くにある大楠
可愛山陵(えのさんりょう)
なんと瓊瓊杵尊の御陵と伝えられる場所。
御本殿の裏手にある。
この場所は宮内庁が管理している。
左の拝所から廊下がのび、その先に社殿。
配祀されている天照大御神が祀られているのだろうか。

その右手には新田神社の御本殿。御祭神は、瓊瓊杵尊。
拝殿右の拝所
拝殿左の拝所
子だき狛犬。安産に霊験ある狛犬と伝えられている。
拝殿
新田神社の拝殿
かつて新田神社には社殿がなく、「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」の墓陵が造られた
神亀山そのものが神社であったとも伝えられている。

「新田」の名は、瓊瓊杵尊が川内川より水をひいて新しく水田をつくったことに
由来するのだという。
新田神社の大楠(くすのき)
樹齢は650年~800年と推定されている。
階上に見えるのは拝殿。
参道の階段はさらに続く。
左右には樹齢数百年と思える巨樹が繁る。
イザナギ河童とイザナミ河童
御神石
階上の三宮
左より早風神社(御祭神は、級長津彦神・級長津姫神)、
中央神社(御祭神は、大山祗神)、高良神社(御祭神は、天鈿女命)
降来橋上から望む参道。
神亀山の森が迫ってくるようだ。
参道階段途中には、東西の門守神社がある。
忍穂井川(しおいがわ)にかかる降来橋(こうらいばし)
二の鳥居
背後に神亀山。上空から見ると確かに亀の形をした山である。
参道。とにかく長い・・・
川内川に面して立つ「一の鳥居」。
鳥居より1kmほどの長い参道が続く。
参道の先に見えるこんもりした山が、新田神社が鎮座する神亀山(しんきざん)
東シナ海へとそそぐ川内川(せんだいがわ)。
「川内」の名は、御祭神である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、この地に
「千台(せんだい)」といわれる高殿を築いて住んだことに由来するという。