鳥居と社号標
鳥居の奥には杉並木が続く表参道。
狭野神社(さのじんじゃ)

御祭神は、主祭神として神日本磐余彦天皇(神武天皇)をお祀りし、
吾平津姫命、天津彦火瓊瓊杵尊、木花開耶姫命、彦火々出見尊、豊玉姫尊、
鸕鶿草葺不合尊、玉依姫命が配祀されています。

狭野神社(さのじんじゃ)と読みます。社名は神武天皇の幼名「狭野尊」にちなむものとのことです。

創建は孝昭天皇の時代。神武天皇が誕生した地(高千穂峰の麓の皇子原)にお祀りされたと伝えられています。
神仏習合時代には霧島六所権現の一つに数えられました。
※霧島六社権現・・・霧島神宮霧島岑神社霧島東神社東霧島神社
狭野神社夷守神社(霧島岑神社に合祀)
狭野神社
宮崎県西諸県郡高原町大字浦牟田120


<一覧へ戻る>
天孫降臨の伝承地、高千穂峰。
狭野神社の西参道入り口付近から望む。
光がこぼれる境内。
清々しい雰囲気に満ちていた。
地図
tel:0984-42-1007
外拝殿
外拝殿
ご神木の杉(左)と外拝殿.
左右に狛犬
ご神木の杉
境内全景
聖域感あふれる境内。すごい。
強い気にうたれ、軽いめまいすら感じる。
中央に外拝殿と御社殿が並ぶ。
<一覧へ戻る>



神門
狭野神社の社叢。
聖域感あふれるすごい神社だった。
三日恵比寿神社
参道にかかる朱の神橋
境内左手にある水神社
拝殿に施された龍の彫刻
表参道
樹気が舞い漂うすごい場所。
御社殿(左より拝殿、御本殿)
外拝殿と御社殿全景