住吉神社(すみよしじんじゃ)

筑前国一之宮、旧官幣小社
御祭神は、底筒男神(そこつつのおのかみ)、中筒男神(なかつつのおのかみ)、表筒男神(うわつつのおのかみ)です。
相殿に天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)を配祀し、
これを併せて住吉五所大神とも呼ばれています。

創建は、およそ1,800年以上前。全国に2,129社ある住吉神社の中でも、最初の神社と云われており、
古書にも当社のことを「住吉本社」「日本第一住吉宮」などと記されています。
住吉神社
福岡県福岡市博多区住吉3-1-51


<一覧へ戻る>
三日恵比寿神社となりの神池
三日恵比寿神社
境内の楠(くすのき)
御本殿(国指定重文)
住吉造り・檜皮葺き
<住吉神社リンク>
地図
tel:092-291-2670
<一覧へ戻る>



博多の市街地の中に、静かな佇まいで鎮座していた住吉神社。
早朝にも関わらず、参拝者がひっきりなしに訪れていた。

緑に包まれた境内は清々しく、気品が漂っていた。
天津神社は、表参道鳥居の前方に
鎮座している。(写真は表参道鳥居)
天津神社
御祭神は、伊弉諾大神
白髭稲荷神社、荒熊稲荷神社
宇賀稲荷神社
左より、菅原神社、人丸神社、志賀神社、船玉神社
境内
御本殿と拝殿(後方から)
拝殿
拝殿
入母屋造り。銅版葺き
境内。中央に拝殿。
ぼんやりと白じんだ空に拝殿の朱色が映えて美しい。
神門より望む拝殿
神門
二の鳥居と狛犬
参道左手にある少彦名神社
御祭神は、少彦名命
参道
石灯篭に火が灯る。
非常に気持ちがいい参道だった。
鳥居と社号標
福岡市博多区の市街地に鎮座。

参拝は12月下旬、日の出の時刻。