<一覧へ戻る>
対馬・参拝メモ

対馬に来島したのは2009年8月1日。
東京から福岡に行き、福岡から対馬に飛行機で入った。
※対馬の到着は10:35。

空港でレンタカーを借り、対馬の神社を巡拝。
「海神神社」
「和多都美神社」
「住吉神社(鴨居瀬)」
「住吉神社(鶏知)」
「厳原八幡宮」と巡った。

レンタカーはヨシナガレンタカーを利用。(空港店:0920-54-4111)
空港と厳原港に窓口があるのでとても便利。

ちなみに対馬の観光案内所は0920-52-1566

対馬の次は壱岐の神社を巡る。
壱岐行きのフェリーは、こちらの時刻表などを参照。
http://www.kyu-you.co.jp/
対馬の内陸湾の水は、ほとんどがエメラルドグリーン。
透明度も高く、非常に美しい。

<一覧へ戻る>


地図
住吉神社の場所が示された地図(案内板)。

少々分かりにくい場所にあり、迷ってしまった。
この地図と、本ページ右上の地図ボタンで表示されるグーグルマップとを照合すれば
迷わずにたどり着くことができると思う。

社殿向かって右手の内陸湾。
地元の方も認める景勝地。
境内全景
御本殿
小高い丘の中腹に建立されている。
鳥居と拝殿。両脇に狛犬。
振り返れば社殿。やや狭い境内。
住吉神社の鳥居。
※少々分かりにくい場所に鎮座している。

鴨居瀬の住吉神社からの展望。
内陸湾が美しく広がる。

住吉神社(すみよしじんじゃ)

御祭神は、鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)、
住吉三神(表筒之男・中筒之男・底筒之男)です。

創祀年代は不明。初代・神武天皇の御代とも伝えられ、御祭神・鵜葺草葺不合尊の生誕の地
との伝承も残っています。
神功皇后の三韓征伐の時には、海神を祀り、住吉神社と称したとも伝えられています。
美津島町鶏知に祀られている住吉神社は、この鴨居瀬の住吉神社から勧請されたものです。
明治3年には、社号が「住吉大明神」から「和多女御子神社」と改称され、その後昭和18年に
「住吉神社」と改められたとのことです。

住吉神社(鴨居瀬)
対馬市美津島町鴨居瀬