田島神社(たじまじんじゃ)

旧国幣中社
御祭神は、田島三神(宗像三神)で、田心姫尊(たごりひめのみこと)、市杵島姫尊(いちきしまひめのみこと)、
湍津姫尊(たぎつひめのみこと)です。
大山祇神、稚武王尊(わかたけのみこ・仲哀天皇の弟)が配祀されています。

創建年代は神代とされ、詳細は不明。肥前国最古の神社と伝えられています。
最古の記録は『松浦古事記』で、「天平3年(731年)、相殿に稚武王を配祀した」との記録が残っています。
延喜式神名帳には「肥前国松浦郡 田嶋坐神社」と記載され、名神大社に列しました。
江戸時代には唐津藩の祈願所となり、明治4年に国幣中社に列格となります。

鎮座地の「加部島(かべしま)」は、かつては「姫島」「姫神島」と呼ばれていました。

境内社には、「佐用姫伝説」ゆかりの「佐與姫神社(さよひめじんじゃ)」が祀られています。
田島神社
佐賀県唐津市呼子町加部島3956


<一覧へ戻る>
太閤祈念石背後の森。
このあたりには大きな岩がゴロゴロ転がっている。
しばらく坂道を歩くと太閤祈念石が見える。
結構巨大。
境内の左手奥にある「太閤祈念石」への参道
社号標と参道
加部島東部の入江が鎮座地になっている。
拝殿と狛犬
地図
太閤祈念石
豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、必勝を祈願し槍を突き立てると、
その気迫に割れたと伝えられる巨石。
tel:0955-82-3347‎
<一覧へ戻る>



境内
正面に田島神社の拝殿。左に末社・佐與姫神社。
楼門から境内を望む。
楼門
参道階段と階上の楼門
左右に狛犬
楼門から望む入江
入江側から見る鳥居と参道階段。
鳥居の先に広がる入江。
表参道の鳥居。
鳥居の先は入江になっている。
かつての参拝は主に舟を使ったのかも知れない。
参道から望む階段と楼門
こちらが表参道になっているようだ。
参道途中に立つ肥前鳥居
肥前守であった「源頼光」の寄進。佐賀県最古の鳥居とのこと。
鳥居の奥に階段があるが、こちらは表参道ではないようだ。
末社・御崎神社(みさきじんじゃ)
御祭神:級長津彦神(しなつひこのかみ)、級長津姫神(しなつひめのかみ)、
猿田彦神(さるたひこのかみ)
元寇の碇石
蒙古の軍船の碇に使われた石。
東方玄海の海中より引き上げられたものとのこと。
末社・佐與姫神社(さよひめじんじゃ)
御祭神:松浦佐與姫尊(まつうらさよひめのみこと)
御本殿内には、佐用姫が夫との別れを悲しんで石になったと伝えられる「望夫石」がある。
「佐用姫伝説」参照。
二ノ鳥居
鳥居の右手に鎮座地の森。左は入江。
階上から末社・佐與姫神社(さよひめじんじゃ)を望む。
拝殿左の社殿
玄界灘に面する田島神社の一ノ鳥居。
鳥居後ろの坂道を登り、境内へと至る。
参拝は2010年1月8日。
御本殿
田島神社の鎮座地「加部島(かべしま)」から、玄界灘を望む。
雲間から差し込む光が何とも神々しい。
拝殿の左右にも社殿。祝詞殿かな。