照国神社(てるくにじんじゃ)

旧別格官幣社
御祭神は照国大明神(薩摩藩第28代藩主・島津斉彬公)です。

安政5年(1858年)に逝去された島津斉彬公の偉業をたたえ、
文久3年(1863年)に「照国大明神」の神号が授与されます。
その後、東照宮の建っていた場所に社殿が建立され、照国神社の創始となります。
明治15年(1882)には別格官幣社に列せられました。
照国神社
鹿児島県鹿児島市照国町19-35


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>



地図
tel:099-222-1820
きれいに整った気持ちのよい参道。
正面に神門。
鹿児島市の市街地にそびえる大鳥居。大きい!

照国神社は鹿児島市の氏神様として崇敬を集め、
祭典は多くの参拝者で賑わうという。
御祭神・島津斉彬公の銅像
境内右手に御祭神の像。背後には城山がそびえる。
保食神社(照国稲荷)
拝殿と御本殿
御本殿
かつて権現造りだった社殿は西南の役で焼失。
現在の御本殿は流れ造り。
拝殿前の神橋
回廊
拝殿
神門より拝殿を望む。
神門入り口
神門