八代宮(やつしろぐう)

旧官幣中社
御祭神は、懐良親王(かねながしんのう)です。
良成親王(よしなりしんのう)が配祀されています。
※懐良親王は、後醍醐天皇の第九皇子で、征西将軍として足利軍と戦った方です。
※良成親王は、後村上天皇の第七皇子で、懐良親王の没後に征西将軍の任に就いた方です。

明治維新以降、南朝の功労者を祀る神社の創建運動が各地で起こります。
懐良親王の墓所がある「八代」の住民からも、神社創建の請願がなされました。
鎮座地は親王が一時居城としていた八代城(松江城)の跡地です。
明治13年に社格が官幣中社と定められ、明治19年に良成親王が配祀されました。

後醍醐天皇の勅命を受けて西方で活躍された親王のうち、護良親王は「鎌倉宮」に、
宗良親王は「井伊谷宮」に祀られたのに引き続き、当社の創建となりました。

八代宮は俗に「将軍さん」と呼ばれているとのことです。
八代宮
熊本県八代市松江城町7-34‎


<一覧へ戻る>
八代宮の一ノ鳥居
八代宮は八代城(松江城)跡に建立された神社。
城下町である八代市のまさにシンボルと言ってよい。
参拝は2010年1月6日。
<八代宮のリンク>
地図
二ノ鳥居の左右に狛犬
tel:0965-35-2448‎‎
<一覧へ戻る>



天守閣跡から見下ろす御堀。

天守閣跡から望む御本殿
天守閣跡から望む境内
境内の左奥にある「天守閣跡」
こんなところにも昇れてしまうのか、と驚き。
城壁上に安全柵などはなく、ちょっと危険。
参道側の城壁上から望む社殿。
八代宮を取り囲む城壁
城壁上に昇る階段があり、そこから境内を見渡すことができる。
境内
拝殿側から神門を望む。
玉垣の外より拝する社殿
参拝日は雪がちらつく天気。、空にたなびく紫色の雲が印象的。
御本殿
境内全景
社殿(拝殿)の落ち着いた佇まいが印象的。
神門から境内を望む。正面に拝殿。
神門
神門の前には夫婦松
二ノ鳥居の向かって左手に祀られた霊社
二ノ鳥居。奥に神門。
神橋の上から城壁と御堀を望む。
参道から境内である八代城跡を望む。
神社には駐車場がないそうで、神橋上に駐車してもOKとのこと。
ただ社殿の並びがとても美しいだけに、損なわれる景観が残念。
真っ直ぐに伸びる美しい表参道。さすが官幣中社。