與止日女神社(よどひめじんじゃ)

肥前国一之宮
御祭神は、與止日女命(よどひめのみこと)
佐賀県を中心とする北九州地方には、與止日女神(淀姫神)を祀る神社が多数あり、
そのうち当社を含めた6社が嘉瀬川流域にあります。
與止日女大神は豊玉姫のこととも、神功皇后の妹とも伝えられています。

『肥前国風土記』逸文(神名帳頭注)によれば、欽明天皇25年(564年)11月1日に創建と記されています。

巨石を祀った自然信仰の社とも言われており、與止日女が子宝に恵まれぬ時、
男根の形をした石に触れたところ子宝に恵まれたとの言い伝えもあります。
與止日女神社
佐賀県佐賀市大和町大字川上1-1


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>



社のすぐ隣を流れる嘉瀬川
與止日女神社との縁は深い

御神木
金精さん
男根の形をした石。信仰の対象となっている
境内全景
肥後国一之宮だが人気はない。
ひっそりとした境内
御本殿
拝殿前には、左右3対ずつの狛犬
拝殿
境内。正面に拝殿
きれいに整った、とても気持ちの良い境内
鳥居
落ち着いた、とても雰囲気のある鳥居だった
    
tel:0952-62-5705
地図