鳥居と社号標
街道沿いに静かに鎮座。
一宮神社(いちみやじんじゃ)

阿波国一之宮
御祭神は、大宜都比売命(おおげつひめのみこと)、
天石門別八倉比売命(あまのいわとわけやくらひめのみこと)です。

神社の前には四国八十八箇所十三番札所の大日寺があり、神仏習合の時代には一体化していました。
元々は上一宮大粟神社(名西郡神山町)が阿波国一宮でしたが、参拝に不便であるため
平安時代後期に国府の近くに分祠が作られ、こちらを一宮とすることになったと伝えられています。

一宮神社
徳島県徳島市一宮町西丁244


<一覧へ戻る>
地図
tel:088-644-0540
太鼓橋と石灯篭
人もなく静かな境内。
隣のお寺には、お遍路の人たちが参拝をしていた。
仮にも一宮の名がつく神社なのだが・・・

やはりお遍路の国・徳島なんだなあと、あらためて実感した。
境内
境内社
正面の2社は、宗像神社と若宮神社
御本殿

拝殿
拝殿と狛犬
拝殿の屋根から滴る水滴によって、右の狛犬の顔が溶けている。
境内。中央に拝殿
鳥居の額と狛犬のアップ
鳥居、狛犬、境内
<一覧へ戻る>