伊加奈志神社(いかなしじんじゃ)

伊豫國総社(の論社)
御祭神は、五柱命、五十日足彦命(いかたらしひこのみこと) 、伊迦賀色許男命(いかがしこおのみこと) です。
※五柱命は、天地開闢の際に現れた五柱の神々で、天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神、
宇摩志阿斯訶備比古遅神、天之常立神のこと。
※五十日足彦命は第11代・垂仁天皇の皇子。

創祀年代は不明。
創祀の由緒は諸説あり、この地に国造として派遣された物部氏の系統の一族が、
彼らの祖神とする「伊迦賀色許男命」を祀ったのが起源とされています。
鎮座地は「五十嵐(いかなし)」と呼ばれ、「伊迦賀色(いかがし)」が訛ったものとも言われています。

伊加奈志神社
愛媛県今治市五十嵐甲635


<一覧へ戻る>
地図
<一覧へ戻る>



階上の境内から今治の街並みを望む。
御本殿の向かって右に境内社
山之神神社、厳島神社、荒神社の三宮が祀られている。
霧雨の中の御本殿。
物音ひとつ聞こえない、静かな時間。
注連柱と拝殿
階上の境内
鬱蒼とした森に包まれた幽玄な佇まい。
参道の階段
途中から勾配が45度くらいになる。
登りはつらいし、下りは怖い。
鳥居と左右の狛犬
伊加奈志神社の参道入り口
伊豫國総社の論社とされるが、今は人気なくひっそりと鎮座している。
参拝は2009年9月12日、早朝。
田園地帯の中にある、伊加奈志神社鎮座の森。
※レンタカーで赴いたのだが、付近に駐車場がなく、ちょっと困った。
(付近にあった佛城寺に停めさせていただいた)