一宮神社(いっくじんじゃ)

御祭神は、大山積神(おおやまつみ)、大雷神(おおいかづち)、高龗神(たかおかみ)です。

社名は、新居郡の一宮として崇敬されていたことによります。

創建の年代は不詳。古くより大山積神と祀っていたと伝えられています。
和銅2年(709年)、大三島(大山祇神社)より大雷神・高龗神を勧請。
新居郡との縁深い嵯峨天皇の勅願所として崇敬を受け「神号正一位一宮大明神」の額を賜りました。
一宮神社
愛媛県新居浜市一宮町1-3-1


<一覧へ戻る>
地図
二ノ鳥居をくぐると左右に狛犬。
<一覧へ戻る>



tel:0897-32-2054
楠木神社と楠のご神木
樹齢・約1000年。樹高は約29m。
思わず息をのむ見事さ。
伊與八幡神社 の御本殿(左)と一宮神社の本殿(右)を後方から。
その間に、小さく金毘羅神社が見える。
伊與八幡神社
社殿の右隣に鎮座している。
楠の大木
拝殿の向かって左手に、素鵞神社(左)と新居神社(右)の二社が並ぶ。
御本殿
拝殿
境内全景。正面奥に拝殿。
随神門
あまり見かけない造形。
二ノ鳥居。
一ノ鳥居と二ノ鳥居の間の参道を車道が横切っている。
一ノ鳥居からの参道。
楠の大木が左右に並ぶ。
一宮神社の一ノ鳥居
一ノ鳥居は現在工事中。
参拝は2009年9月12日。