石鎚神社・成就社(いしづちじんじゃ・じょうじゅしゃ)

御祭神は、石鎚毘古命(いしづちひこのみこと)です。
※石土毘古命(いわつちひこのみこと)・石鎚大神(いしづちおおかみ)とも称され、
伊邪那岐命・伊邪那美命の第二御子にあたります。

石鎚神社は、西日本最高峰「石鎚山」を神体山(1982m)とする神社で、
「本社・口之宮」「中宮・成就社」「頂上社」「土小屋遙拝殿」の総称です。
※石鎚山は「日本七霊山」の一つ。

約1300年前、役小角(えんのおづぬ)によって開かれたと伝えられ、その後、
寂仙、上仙、空海、光定などの高僧が修行しました。
以来、石鎚蔵王権現と称され、別当の前神寺(四国霊場64番)・横峰寺(四国霊場60番)のもとで、
神仏習合・修験の道場として繁栄しました。

成就社は、役行者が石鎚山開山の時に請願をなし、成就したことにより名付けられました。

石鎚神社・成就社
愛媛県西条市石鎚山


<一覧へ戻る>
<石鎚神社リンク>
「八大龍王神社」の鳥居ごしに、成就社の御本殿を拝することができる。
地図
tel:0897-59-0106
<一覧へ戻る>



ロープウェイ(下り)からの眺め
成就社の参拝を終え下山しようと思ったら、
猛烈な勢いでガスが目の前を覆いだした。
さっきまでかすかに太陽が出ていたのだが・・・。やはり山は怖い。

ロープウェイから雲に覆われた山々を望む。
<成就社下山の道程>
成就社付近から山頂までの地図
成就社への地図
ロープウェイ。この標高450mの場所から、
1300mの場所まで、約7分間で一気に上っていくのだ。
ちなみに乗車したのは僕1人だけだった。

山麗下谷駅からの展望
ロープウェイ「山麗下谷駅」
「京屋」からは徒歩10分ほど。
運行は20分間隔(0分、20分、40分)。運賃は往復で1900円。
ロープウェイ乗り場の途中にある、役業者座像など。
なんかすごい。
標高450mの場所にあるロープウェイ乗り場。
温泉旅館「京屋」(0897-59-0335)を目指すと良い。
※京屋の駐車料金は500円。

<ロープウェイ「成就駅」までの道程>
登山道を少し歩いていると、雲が晴れ、石鎚山が少し見えてきた。
ありがたいことです。
山頂への登山道
神門
この神門は石鎚山山頂の登山道入り口となる。
登山者は成就社にて登拝の無事を祈願し、この門を通っていく。
ちなみに、天気が良ければこのように見えるらしい。
※境内の写真より

天気がよければ山頂が見えるのだが、
この日は厚い雲に覆われ、石鎚山を遥拝することが
できなかった。
遥拝殿の内部
ここから石鎚山の山頂を拝することができる。
「見返り遥拝殿」
役行者は修行中になかなか神意が得られず下山しようとするが、
再び行を続け石土大神の霊験を得る。
その後石鎚山を開山し、この場所に戻り、山頂を見返し「吾が願い成就!」と
仰ぎ拝したと伝えられる場所。
八大王神社の社殿と小滝
とても気持ちの良い場所。
拝殿を斜め横から。
拝殿に掲げられた額
拝殿入り口。左右にはユーモラスな表情の狛犬。
二ノ鳥居と境内
写真右に拝殿、中央に手水舎。
9月中旬だというのに、気温は17度だった。結構寒い。
石鎚神社・成就社の一ノ鳥居
参拝は2009年9月12日の午前中。
参道
成就社への登山道。
比較的整備された歩きやすい道。
参道途中にある奥前神寺
石鎚神社・中宮成就社への参道
ロープウェイ「成就駅(標高1300m)」で下車。
ここから標高1450mの成就社まで、20分ほどの登山となる。
拝殿