大川上美良布神社(おおかわかみびらふじんじゃ)

御祭神は、大田々祢古命です。
大物主命、活玉依比賣命、陶津耳命、櫛御方命、飯肩巣見命、美良比賣命、
健甕槌命が合祀されています。
※大田々祢古命は大物主命の子孫神。

約二千年前、第10代・崇神天皇の御代に疫病が流行。
天皇は「大物主命」のお告げによって大物主命の子孫の「大田々称古命」に神々を祭らせ、
疫病が治まります。
その後、約千五百年前の第21代・雄略天皇の御代に大田々称古命をお祀りしたことを当社の創建とします。
※仁明天皇の承和八年以前より祭られていたという古い記述もあるようです。

大川上美良布神社
高知県香美市香北町韮生野243


<一覧へ戻る>
境内全景

大川上美良布神社の一ノ鳥居
香美市香北町の住宅地内に鎮座している。
参拝は2009年9月13日。
地図
境内から望む空。
境内奥の社叢から社殿を望む。
tel:0887-59-2878
<一覧へ戻る>



大川上美良布神社のすぐ近くには、「アンパンマンミュージアム」がある。
せっかくなので入館してみた。
そのミュージアムの2階から、大川上美良布神社の森を望むことができる。(写真中央の森)
通夜殿
狂言奉納時に使用される。
琴平神社
ご神木杉の幹。右奥に琴平神社。
境内入り口近くにはご神木の杉
樹齢・約1000年、樹高・40mとのこと
御本殿の左手に祀られた御崎神社
若宮神社
境内向かって右手
左奥には若宮神社
御本殿の装飾をアップで。
御本殿の土台近くにも、浦島太郎などの物語をモチーフにした装飾が
取り付けられている。
御本殿
装飾が実に見事。思わず感嘆の声をあげてしまった。
案内板には「土佐随一の装飾」との説明書があった。
拝殿
自然石を使った灯籠。
神社ではあまり見かけない珍しい灯籠。
三ノ鳥居と狛犬
一ノ鳥居から100mほどの場所に、大川上美良布神社の境内。
手前に二ノ鳥居。その奥に三ノ鳥居と拝殿。