鳴無神社(おとなしじんじゃ)

創建の詳細は不明。奈良時代ともいわれています。

社伝によると、第21代・雄略天皇との間になんらかの経緯があった「現人神・葛城山の
一言主神(ひとことぬしのかみ)」が船出し、雄略天皇4年(西暦460年)の大晦日に、
浦の内の太平洋側に流れ着きました。その地に築いた宮が鳴無神社の創建とされています。

御祭神は土佐神社(土佐国一宮)と同神。土佐神社が鳴無神社の別宮であったことが
その理由であるとのこと。

「この地に祀られていた神が他の場所に移ることを希望し、石を投げ落ちたところに宮を建てることにしました。
それが現在の土佐神社である」との伝承も残っています。
※この石・「礫石(つぶていし)」にかかわる伝承が土佐神社にあります。

鳴無神社
高知県須崎市浦ノ内東分字鳴無3579


<一覧へ戻る>
二ノ鳥居の左右の狛犬
鳴無神社から少し離れた場所に鎮座する竈荒神社
振り返れば二ノ鳥居と境内。
内湾に面する一ノ鳥居。
鳴無神社の朱の鳥居
朝日を浴びて鮮やかに映えている。
参拝は2009年9月13日の早朝。
地図
tel:0889-49-0674
<一覧へ戻る>



鎮座地付近、横浪三里の展望
浜辺に設けられた祭祀場
土佐湾に昇る太陽。
<鳴無神社に至るまでに目にした景勝>
鳴無神社を離れる前に、もう一度内湾を眺める。
心洗われるひと時だ。
御本殿
極彩色に彩られた御本殿
春日造り
拝殿の神紋
社殿は、御本殿、幣殿、拝殿の3棟からなり、
いずれも重要文化財に指定。
拝殿
現在の社殿は寛文3年(1663)の再建。
切妻造、柿葺
鳴無神社の鎮座地から内湾を望む。
まさに絶景。すごいところだ。
須崎市「浦の内湾」と呼ばれる内海の展望。
右端の岸辺に鳴無神社は鎮座している。
(白い船の近くに朱の鳥居が小さく見える)