西門
末社:白山神社
西門の参道
伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)

岩代国一之宮、旧国幣中社
ご祭神は、伊佐須美大神(伊弉諾尊、伊弉冉尊、大毘古命、建沼河別命)。
相殿に塩釜大神、八幡大神をお祀りしています。

伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)は会津地方の総鎮守で、四道将軍の父子がそれぞれの道をたどり、
東北道の各地を平定した後、この地で出会ったことから「会津」という地名が起こったと伝えられています。
このとき、国家鎮護のため、国土開拓の神様であるイザナギノミコト、イザナミノミコトの二神を新潟県境の
御神楽岳に奉斉したことが起源とされています。
伊佐須美神社
福島県大沼郡会津美里町字宮林甲4377


<一覧へ戻る>
地図
tel:0242-54-5050
朱の大鳥居
会津若松インターで高速を降り、約15分で到着。
都々古別神社からは、高速に乗っても1時間半ほどかかる
あやめ池
6月中旬~7月上旬まで、あやめ祭りが行われる
天然記念物・「飛竜の藤」
幹の高さは30m。樹木全体が気を発する生き物のように感じられた。
その姿、まさに飛竜のごとし
境内遠景
正面に拝殿。左に八方除の案内板
楼門
楼門正面は参拝所となっているため、
中に入るには右手の入り口から入らなくてはならない
天海僧正手植えの桧 (境内右手)
空に向かって生え伸びる複数の幹。
根元は寄り合うように一体化していた
天然記念物・「薄墨桜」 (境内左手)
花は咲いていないが非常に存在感がある。
いつか花をつけた姿を見てみたい
御本殿
大鳥居を入ってすぐ左の菅原神社。
鮮やかな朱色が印象的
<一覧へ戻る>



拝殿
御神門