石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)

陸奥国一之宮
御祭神は、主祭神に味鉏高彦根之命(あじすきたかひこねのみこと)で、配祀は譽田別命、大國主命です。

当社は、石川町中央の八幡山に鎮座し、約一万年以上前から山岳信仰の場として山そのもの、
また参道に点在する磐境(巨石)が信仰の対象となっていました。

康平六年(1063年)、源有光(石川有光)は、四方を山々に囲まれ、磐境(巨石)が重なり
自然の要害となっているこの八幡山(当社鎮座地)に三芦城を築城。
治暦二年(1066年)には源氏の氏神である京都石清水八幡宮の御分霊(大国主命・誉田別命)を合祀しました。
石都々古和気神社
福島県石川郡石川町下泉269


<一覧へ戻る>
<石都々古和気神社リンク>
地図
tel:0247-26-7534
<一覧へ戻る>



三芦城跡
鏡岩
剣石
左より、神葬祭祖霊社、多賀神社、諏訪神社
御本殿
御社殿全景
拝殿と拝殿に掲げられた額(三つ巴)
巨石が並ぶ参道を登りきり、御社殿に到着
勾玉岩
船形石
左右の神門岩(石鳥居)
屏風岩
亀石
天狗石
この鳥居をくぐったあたりから、巨石が次々と現れる
参道と狛犬
左の狛犬は2匹の子供連れ。
左が母親、右は父親だろうか
参道入り口の鳥居と社号標
石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)が鎮座する八幡山