狛犬
まるで生きているかのような存在感。
鬼神社(きじんじゃ)

御祭神は、高照比女神、伊奘那岐大神、大山祇神です。

創祀年代は不詳。
社伝によると、「坂上田村麿」が東征の際に、岩木山の山頂奥宮に鎮まる「高照姫神」の霊験により
当地に創建したとのこと。

地元の伝承では、「巖鬼山(岩木山)」に棲む鬼が水の涸れた田に水を引き、
それ以来この地は土壌が豊かになったとの伝承が残っています。
村人は、この「鬼」に感謝するため鬼神社(きじんじゃ)を建て、鬼の使用していた鍬等を祀ったとの
言い伝えがあります。

鬼神社
青森県弘前市鬼沢字菖蒲沢151


<一覧へ戻る>
拝殿
地図
御本殿
ご祭神は、高照比女神、伊奘那岐大神、大山祇神とあるが、
その社名や奉納された農機具から考えるに、かつて「巖鬼山(岩木山)」に棲み、
この地に豊かな土壌をもたらした「鬼」をお祀りしているようにしか思えない。

<一覧へ戻る>



朝靄の中の太陽。なんとも幻想的。
拝殿に掲げられた農機具。
かつて村人が、鬼の使用していた鍬等を祀ったとの言い伝えに由来する。
朝靄につつまれた、幽玄な雰囲気漂う境内。
鳥居には「卍」の神紋。
参道横の池に浮かぶ弁天社(厳島社)
参道に鎮座する春日神社
参道にたつ鳥居。
朝靄に包まれた、鬼神社の鳥居。
弘前駅より車で20分、鬼沢菖蒲沢の住宅地内に鎮座。
参拝は2009年6月28日の早朝(5:00ごろ)。