鹽竈神社(しおがまじんじゃ)

陸奥国一之宮、旧国幣中社
御祭神は、塩土老翁神(別宮)、武甕槌神(左宮)、経津主神(右宮)です。
※江戸時代以前はあまり判然とせず諸説があった模様。

創建は奈良時代以前と伝えられていますが、詳細は不明。
陸奥国一之宮ですが、『延喜式』にその名はなく、式外社となっています。
鹽竈神社(しおがまじんじゃ)が発展してきた大きな要因に鎮守府としての国府多賀城の存在が大きく、
その鬼門封じの位置にあったことから、多くの信仰を集めてきたとされています。
鹽竈神社
宮城県塩竃市一森山1-1


<一覧へ戻る>
<一覧へ戻る>



<鹽竈神社リンク>
地図
tel:022-367-1611
別宮御本殿横のいぼ神
ご神木杉
推定樹齢:八百年
神明社、八幡社、住吉社、稲荷社
文治の灯籠
多羅葉(たらよう)
宮城県天然記念物
境内
左に左右宮拝殿、右に別宮拝殿
別宮御本殿
御祭神:塩土老翁神(しおつちおじのかみ)
別宮拝殿
左右宮拝殿の右手に位置する。
※唐門を入って右手
右宮、左宮の御本殿
唐門を入ると、正面に左右宮拝殿
左宮御本殿
御祭神:武甕槌神(たけみかづちのかみ)
右宮御本殿
御祭神:経津主神(ふつぬしのかみ)
唐門
随身門から境内を臨む。
左右に(少々風変わりな)狛犬。
随身門
表参道の石段
「陸奥国一宮」と書かれた鳥居の額と、狛犬
狛犬の表情がユニーク。
鳥居と社号標
鳥居をくぐると石段が続く。
社号標には、「東北鎮護鹽竈神社」とある。