<一覧へ戻る>
二ノ鳥居。左右に鬼のような顔をした狛犬。
相馬中村神社
福島県相馬市中村字北町140


御本殿
相馬中村神社(そうまなかむらじんじゃ)

御祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)です。

相馬中村神社の起源は、相馬氏の始祖である「平将門」が承平年間(931年~937年)に
下総国・猿島郡に「妙見社」を建立したことに始まると伝えられています。

その後、この地に「相馬中村城」を築城した相馬中村藩・初代藩主「相馬利胤公」が、慶長16年(1611年)に
城内南西に一族の守護社である妙見社を建立したのが、現在の相馬中村神社の起源とされています。

妙見とは、仏教でいう「北辰妙見菩薩」のこと。神仏習合時代には、御祭神である「天之御中主神」と同神とされました。
北辰とは、「北極星」を指し、北方鎮護をつかぎどる星の信仰がもとになっています。
明治期の神仏分離令により神と仏は分離され、「妙見社」は「相馬中村神社」と改め、
御祭神も「天之御中主神」としました。

二ノ鳥居とご神木の親子杉

相馬中村神社は、地元では有名な神社のようで、多くの参拝者が訪れていた。
境内には馬も飼われており、少し離れた場所には「馬場」もある。
境内の雰囲気は落ち着いていて、穏やかな参拝ができた。

<一覧へ戻る>



相馬中村神社・拝殿
相馬中村神社・拝殿
三ノ鳥居の先には階段。
階上には拝殿。
手水舎に建つ馬の像。
「相馬」にちなむ馬の像や絵などが、境内の
至るところに配されている。
参道の左には神池
参道は直角に右に折れ、正面には三ノ鳥居。

北野天満宮の向かって右には、
八坂社(左)と諏訪社(右)。
参道の正面突き当りには「北野天満宮」が鎮座。
二ノ鳥居の隣には、ご神木・親子杉。
石灯篭が並ぶ参道
<相馬中村神社リンク>
地図
御本殿向かって左手の「御水神舎」
tel:0244-35-3363
絵馬殿
御本殿向かって右手の境内社。
右より、塩竈神社・黄金神社、松尾神社、足尾神社

稲荷社
国王社(星之宮)
ご祭神は、平将門公
社殿全景(国指定重文)
寛永20年(1643年)、相馬中村藩2代藩主・相馬義胤により建立
境内入り口
相馬中村神社の一ノ鳥居
境内の広大な敷地は、「中村城跡」となっている。
一ノ鳥居は、「南二の丸跡」とのこと。

鎮座地は福島県相馬市。福島駅から約50kmを車で走り、到着。
参拝は2009年10月31日。