仁王門(写真上)を入ると、左手前方に池と「水かけ不動」(写真左)が目に入ります。
池にある独鈷の瀧周辺(写真右)の気は強烈で、身が引き締まる思いです。
※独鈷の瀧は、開山以来千百有余年涸れずに流れ出る霊水「龍御神水」です。
池の脇にある垢離堂は、青龍大権現を御祀りしています。
大本堂裏には、不動明王の本地物仏として
大日如来像が安置されています。
とてもおおらかで穏やかな表情の大日如来像です。
目黒不動尊(めぐろふどうそん)

目黒不動尊(天台宗 泰叡山瀧泉寺)の開基は808年。関東最古の不動霊場で、
日本三大不動の一つに上げられています。(目黒不動尊、木原不動尊、成田不動尊)
慈覚大師円仁が夢の中でお告げを得、神人像を彫刻し安置したのがはじまりとされています。
御本尊は不動明王です。
目黒不動尊
東京都目黒区


<一覧へ戻る>
大本堂です。
独鈷の瀧周辺とはまた違った雰囲気を持っています。
御本尊の不動明王は秘仏とされ、12年に1度のご開帳となります。

目黒不動尊

<一覧へ戻る>