一の鳥居
大宮八幡宮は、永福町から徒歩10分の街道沿いに鎮座。
「東京のへそ」とも呼ばれている。
大宮八幡宮(おおみやはちまんぐう)

御祭神は、応神天皇(第15代天皇)、仲哀天皇(応神天皇の父君)、神功皇后(応神天皇の母君)です。

1055年ごろ、奥州の乱を鎮めるため出兵した源頼義公は、この大宮の地で、
白雲が八条にたなびいた様子を目の当たりにしました。
頼義公は、「これは八幡大神の御守護のしるしである」と喜ばれ、乱を鎮めた暁には
必ずこの地に神社を構えることを誓って、武運を祈り出陣されました。
その後、奥州を平定し、誓いの通り康平6年(1063年)、京都の石清水八幡宮より御分霊をいただいて、
ここに神社を建てました。これが当宮の創建の縁起であります。

大宮八幡宮
東京都杉並区大宮2-3-1


<一覧へ戻る>
拝殿より神門と銀杏を望む。

親しみさすさと神厳さが同居した、印象深い神社だった。
東京にこのような神社があることを、とても嬉しく思えた参拝だった。
大宮稲荷神社、三宝荒神社
<大宮八幡宮リンク>
地図
tel:03-3311-0105
二の鳥居と参道
境内の楓
北神門(赤門)
宝物殿(右)と御社殿
大宮天満宮
若宮八幡神社
御嶽榛名神社
白幡宮
神厳な気配漂う社殿。思わず頭が下がる。
御本殿
拝殿と狛犬
境内

神門の両側に銀杏の木が並ぶ。
左に見えるのが男銀杏、右に女銀杏。
壮観。
神門より境内を望む。
正面に拝殿。
黄色に染まった銀杏の葉が美しい。
神門
多摩清水乃社(たましみずのやしろ・水神様)
御神水をお祀りしている社で、神門の右手に鎮座。
非常に細やかな気に満ちていた。
参道より神門を望む
参道
常緑樹に覆われた、すがすがしい参道。

<一覧へ戻る>