境内入り口の門
鷲神社は、日比谷線・三ノ輪駅から徒歩15分の場所に鎮座。
参拝は1月中旬。1月だからこうなのか、常にこのような感じなのか・・・
御本殿
一の鳥居
二の鳥居
拝殿
入り口は閉ざされ、賽銭は新聞受けのようなところから差し入れる。
鷲神社(おおとりじんじゃ)

御祭神は、天日鷲命(あめのひわしのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)です。
※天日鷲命は、阿波国(現在の徳島県)忌部氏の祖神で、天太玉命(あめのふとだまのみこと)に従う
四柱の神のうちの1柱です。
阿波国および下総国(千葉県)を開拓したと伝えられています。
※参照:忌部神社(徳島県)安房神社(千葉県)

鷲神社(おおとりじんじゃ)と読みます。
古来この地に天日鷲命がお祀りされており、その神社に東征途中の日本武尊が
戦勝を祈願を行ったとされています。
江戸時代中期から酉の市で知られ、現在も「おとりさま」と称され崇敬を集めています。
鷲神社
東京都台東区千束3-18-7


<一覧へ戻る>
<鷲神社リンク>
地図
tel:03-3876-1515
<一覧へ戻る>




境内全景
住宅に囲まれた境内。駐車場だけは広かった。
11月に行なわれる酉の市には、境内が参拝者であふれかえるとのこと。