靖国神社(やすくにじんじゃ)

旧別格官幣社
靖国神社は、明治2年(1869)、明治天皇によって建てられた東京招魂社が始まりで、
明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、
その事績を永く後世に伝えることを目的に創立された神社です。

明治天皇は、初めて参拝された折に「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の歌を詠まれました。
「靖国」という社号は明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが
込められています。
※以上、靖国神社のWEBサイトから引用

靖国神社
東京都千代田区九段北3-1-1


<一覧へ戻る>
境内の向かって左手には元宮と鎮霊社が鎮座
参道中央に立つ、「大村益次郎」の銅像。(真ん中というのが凄い!)
近代日本陸軍の創設者で靖国神社の創立に尽力した人物。
一の鳥居から望む参道と参道に配された狛犬
一の鳥居と参道
巨大な鳥居、そして真っ直ぐな参道。背後にビルはなく、空が抜けている。
「ここは本当に東京なのか」と疑いたくなる光景。
飯田橋駅から徒歩10分の地に鎮座。参拝は2009年5月中旬。
<靖国神社リンク>
地図
一の鳥居の狛犬
tel:03-3261-8326
<一覧へ戻る>



境内の奥に広がる靖国の杜。
鬱蒼とした木々が広がる。
.神池庭園
コバルト色の池が印象的。明治初期の造園。
元宮
明治維新のさきがけとなって倒れた志士の霊を祀るため、
同士によって京都にひそかに建てられたもの。
昭和6年にこの場所に移された。
国を守るために尊い生命を捧げられた方々の御霊を祀る
靖国神社の前身となったことから、「元宮」と呼ばれている。
鎮霊社
靖国神社本殿に祀られていない、世界各国すべての
戦死者の御霊をお祀りしている。
御本殿
拝殿
2礼2拍手1礼の参拝ではなく、両手を合わせ神霊の
ご冥福を祈りたくなる。
.社殿全景
神社の社殿というより霊廟殿的な趣き。
独特の佇まい。
三の鳥居(中門鳥居)と拝殿
靖国神社は、国のために命をささげた魂魄を鎮める神社。
思わず背筋が伸びる。
向かって右手に能楽堂
神門をくぐると両側に桜林が広がる。
そういえば、東京の開花宣言を判断するのは、
この靖国の桜だった。
神門より境内を望む。
神門
二の鳥居
青銅製の鳥居としては日本一の大きさを誇るとのこと。