転法輪寺は金剛山の山頂にあるため、たどり着くためには
山道を1時間ほど歩きます。
転法輪寺(てんぽうりんじ)

真言宗醍醐派大本山・金剛山 転法輪寺は、今から約1300年前、
山岳宗教の開祖・役小角が「法起大菩薩」を感得し、金剛山の山頂に寺を建立したことがはじまりとされています。
平安時代から鎌倉時代にかけては、修験道発祥の霊山として、全国にその名がとどろいたと言われています。。
転法輪寺
奈良県御所市


<一覧へ戻る>

金剛山 転法輪寺

山中にある「岩屋文殊」。役小角ご修行の地とされています。
役小角ゆかりの寺、転法輪寺。
土日には多くの参拝者で賑わっています。
御本尊は法起大菩薩(写真右)。五眼六璧の異形の御姿をされています。
(御本尊の写真はパンフレットから)
金剛山山頂からの眺めです。大阪の街並みを一望できる、まさに絶景です。
<一覧へ戻る>