拝殿
神域感たっぷりの佇まい。山と水のエネルギーを強く感じます。
上社・本宮
上社・前宮
<一覧へ戻る>


御本殿

諏訪大神がはじめて御出現した場所と伝えられています。
神原(ごうばら)と呼ばれる原内にあり、ひっそりと素朴な佇まいながら、
重く厳かな雰囲気が漂っています。

土地とともにあり、土地を守る。そんな神社本来の姿がここにあるような気がしました。
諏訪大社・上社(すわたいしゃ・かみしゃ

諏訪国一之宮
、旧官幣大社
諏訪の御柱祭りで有名な神社。雨や風、水の守り神として龍神信仰の厚い神社でもあります。
上社(2社)と下社(2社)の4社からなり、上社(本宮、前宮)は、諏訪湖の南部に位置しています。
御祭神は、本宮:建御名方神(大国主神の御子神)、前宮:八坂刀売神(大国主神の妃神)です。
御鎮座の年代は1500年〜2000年前と古く、日本最古神社の1つに数えれます。

諏訪大社・上社
上社本宮:長野県諏訪市、上社前宮:長野県茅野市


<一覧へ戻る>
地図
本宮tel:0266-52-1919
前宮tel:0266-72-1606