賢者たちは言います。

幸運は必然であると。
運の良い人は、良い運がもたらされるような意思決定と行動をしているのだと。


運をつかめるかどうか、それは自分のマネジメントしだいて変わってくるのだと
多くの賢者が説いています。


では、具体的に何をどうすることが大切なのか?

その知恵について、わかりやすく整理されたメッセージをピックアップし、ご紹介したいと思います。



「真の幸福と成功を手に入れた人は、自分を幸福にしてくれる偶然(ラッキーな出来事や出会い)が起きやすいような考えや価値観を持ち、それにふさわしい人生への心構えを取り、それにふさわしい行動をしている」

「偶然を味方につけるための心構え・・・
@好奇心・・・好奇心のアンテナを絶えず張っておく
A粘り強さ・・・同じ取り組むなら心をこめて
B柔軟性・・・オープン・マインド
C楽観性・・・自分の人生を信じる姿勢
Dリスクテイク・・・あえて一歩を踏み出す勇気を持つ」

「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦
◆オープンマインド、心のアンテナを張っておく。

「自分を幸福にしてくれる偶然に開かれた心の姿勢(オープン・マインド)を保ち、それが近づいてくるような行動をしていると、ラッキーな出来事や出会いは、その頻度を高めて私たちのもとにやってくるのです」

「夢や目標を持つのは、もちろんいいことです。けれど、ときには知らない道に飛び込んだり、自分の心の動きに従って寄り道や回り道をしてみることで、思いがけない幸せをつかめることって、実は多いものなのです」


「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦

「日常的な偶然をいくつも積み重ねられる人が運を引き寄せられるのです。偶然を単なる偶然にするか、人生を変える必然にするかが、あなたの運です。毎日起きる運の女神のイタズラに敏感になりましょう」

「運のいい人が運の悪い人と決定的に違うのは、一時的な不幸を幸せに変える力を持っていることです。
どんなことが起きても、自分の幸せに変えていこうという気持さえ持っていれば、いい運を引き寄せることができます」

「強運を呼び込む51の法則」本田健
◆行動力、フットワーク。

「心を開いた(オープン・マインドな)柔軟な姿勢を保つとともに、決断するべき時には、リスクをおかして、スバッと決断できる、この2つの力を持った人が幸福な人生を築くことができる人なのです」

「フットワークを大切にしましょう」

「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦

「不運にめげず、不運のせいにせず、自分の足で立って行動しつづける人には、運がやってきます。運の女神をこちらに向かせるぐらい行動を起こしてみましょう」

「自分の行動の中にしか、運は生まれない。
運さえあれば成功できるのに、楽ができるのにと思っている人には、残念ながら運はやってきません。なぜかといえば、運は、とことんやれることをやっている人にプレゼントされるボーナスのようなものだからです。
運は、動きの中にしか起きません。運が悪い人は、たいてい動きがなく、停滞している人です」

「チャンスが来たら、とにかく飛び込め。
やれるかどうかわからないとき、チャンスの神様は、あなたの度胸を試すのです」

「強運を呼び込む51の法則」本田健
◆「つながり」と「縁」を大切にする。

「大切なのは、人との『出会い』『つながり』『ご縁』を大切にすること」

「人生に幸福をもたらしてくれる『予想外の出来事』を手にするための基本は、人とのつながり、ネットワークを大切にしていくことです。そうしていると、周囲が思わぬチャンスを運んで来てくれたり、何かに興味を持ったときにさまざまな情報をもたらしてくれたりします」

「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦

「あなたのところに集まってくる人々は、あなたが一心に取り組むことに関してまさに必要となる人たちだ。そうした人たちがやってくると、いくつもの扉がひらき、流れが生じる。
あなたはもはや単独ではなく、「つながり合う創造的な秩序」を源として行動するようになる」

「シンクロニシティ」ジョセフ・ジャウォースキー

「『運』は、人や情報、モノの『動き』によって、まさに運ばれてくるものです。その本質は、空気のようなエネルギーだといえるでしょう。
人が来やすい環境を整えること、情報をあげたいと思われるような人になることが、鍵になります。
運の流れをきれいにしておくことは、運気アップの秘訣です。人を惹きつけることができる人は、人気がある人になります」

「3つの運・・・@上から引っ張り上げてもらう運、A横から支えてもらう運、B下から持ち上げられる運」

「強運を呼び込む51の法則」本田健
◆「シンクロニシティ」に従ってみる。

「毎日の生活の中で、何かが妙にチラチラ気になって、『夢のようなものが侵入してくる感じ』を受けることがあります。この感覚を『人生の導きの糸』として、大事にするのです。
シンクロニシティすなわち『偶然の必然』が起きるときには『何かがチラチラ気になる』『自分にはまったく関係がないはずなのに妙に気になる』『何か胸騒ぎがする』などということがしばしば生じます」

「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦
◆「ワクワクする心」「人のためにという思い」を大切にする。

「『人のためになりたい』『人の幸せを喜んであげたい』『何かが起きそうなワクワク感を大切にしたい』という、純粋な気持ちに従って行動するだけで、あなたに幸福をもたらすさまざまな偶然が起こりやすくなっていくのです」

「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦

「運を上げるのに、難しい知識はいりません。自分が楽しいこと、気持ちのいいこと、人の役に立つことをやればいいのです」

「自分の本当にやりたいことをやってください。ワクワクすることをやってください。
それは、あなただけでなく、あなたに縁のある人にとっても、最高の幸せにつながっていくでしょう。
強運を呼び込むには、自分らしい人生を生き、才能を分かち合い、縁ある人と最高の時間を過ごすこと、それが一番の方法です」

「強運を呼び込む51の法則」本田健

「自分の中に、ふつふつとわいてきた『こうやって社会と関わっていきたい』という思いを大切にしていいと思うのです。
最初は、思いこみであってかまわないと思います。しかし、そういう『軸』を持って生きるようになると、色々なことに気づくようになります。人生を謳歌するうえで大切なことが見えてくるのです。
そして、時間がたつごとに、自分の頑張りが自分も社会も良くしていくという生き方がわかるようになります」

「とても不思議なことですが、『マイミッション』を持つと、物事がどんどんうまくいくようになります。周囲から見ると、『運が味方している』としか思えないような状況になります」

「マイクレド」浜口隆則・村上隆介


<「賢く生きる智恵の種」トップへ戻る>



自分の中に原則を持つ

偶然の出来事と上手くつきあう
<「賢く生きる智恵の種」トップへ戻る>
<「賢者の心得」トップへ戻る>