賢者たちは言います。

人との関係性を向上させるには、相手の長所を見つけ引き出してあげることだと。
相手の自己重要感を高めてあげることだと。


人をほめてあげてください。


人の良いところを見出し、その良いと思ったところを
相手に告げてあげてください。

ほめられた人は、自分の中のほめれらた部分に焦点をあて、
自分に自信を抱くようになります。

そしてほめられたものをもっと伸ばしていきたい、
ほめられた自分の力を発揮していきたいと考えるようになります。


ほめることは、決して恥ずかしがることではありません。
自分に対する尊厳を損なわせることでもありません。

逆に相手からの信頼と好意を得る、とても貴重な行為なのです。



この「相手のバイブレーションを高めてあげる」という智恵の種について、
賢者たちは次のような表現を用い、私達にアドバイスを送っています。



「他人の長所を引き出し、活かす」

「人間のありかた」船井幸雄

「今日というこの一日、あらゆる人、あらゆる物に美を見出す決意をして1日をすごしてごらんなさい。愛と美は、ともにあるのです」

「心の扉を開く」アイリーン・キャディ

「他人の自己重要感を高めてあげる」
「身近な人に良い出来事が起こったとき、心から「よかったね」と言える」

「変な人が書いた成功法則」斉藤一人

「自分の能力を否定したり、他人の自由意志を否定したりすると、バイブレーションレベルが低くなる」

「なまけ者のさとり方」タデウス・ゴラス

「喜びは分かち合うことによって二倍になります。人を賞賛することによって、あなたも自分の寛大な態度に喜びを感じることができますし、相手も賞賛されたいという欲求を満たすことができます」

「人生が変わる習慣」アンソニー・バーグランド

「もし人を『素敵だ』とか『素晴らしい』と思ったら、遠慮なく相手を賞賛しましょう。そうすれば、相手はエネルギーを貯めてどんどん元気になってくれて、あとでそれを返してくれます」

「心を軽くする言葉」小林正観

「批判的な人にこそ、やさしい言葉をかける」
「人に対して不親切な思いを抱いたときには、その思いを消して、すぐに調和を取り戻す決心をしましょう」
「他人の中に善良で愉快な部分を探そうと、意識的に心がけましょう。周りの人を褒めるという新しい習慣を身につけてごらんなさい」
「批判するのをやめ、人のよい点を褒めるようにすると、自分でそう思うだけでなく周囲からも偏見のない人と見られるようになります」

「9日間プラスのことだけ考えると、人生が変わる」ウエイン・W・ダイアー

「私たちは誰でも、小さな光と愛を注ぐだけで、誰かの一日を少しだけ幸せにしてあげることができます」
「感謝の気持ちを意識し、許すことを心がけ、すべての人に会いを注ぐこと」
「憎しみや恨みは、脳の中にネガティブな回路をつくり、愛情や感謝は、ポジティブな回路を育てます」

「素晴らしい人間関係を保つための最大の武器は、一言『ありがとう』です」
「周りの人たちの支えに対して感謝の気持ちを伝えれば、人々はさらに助けてくれるようになり、絆はもっと強固なものになるでしょう」

「ほほ笑みは人との親愛関係を育む一番の方法です」

「『脳にいいこと』だけをやりなさい!」マーシー・シャイモフ

「たくさんの褒め言葉を言ってもらえる人間に、自分自身がなっていくことだ。
そのために必要なのは、『大きな成果を上げること』でも、『優しく褒めてくれる恋人や友人をつくること』でもない。
『やったことが返ってくる』という心理法則に照らし合わせれば、まずは自分自身が『たくさんの人を褒める人間』になることである」

「『あまり人とかかわりたくない』人のための心理学」齊藤勇

「その人の存在に対する真剣さの強度を、態度と行動で体現すること」

「自分の仕事をつくる」西村佳哲


≪関連する智恵≫
しくみと法則 「バイブレーション」
「同種のものを引き寄せる」
「全体につながり、影響を及ぼす存在」


<「賢く生きる智恵の種」トップへ戻る>



相手のバイブレーションを高めてあげる

相手のバイブレーションを高めてあげる
<「賢く生きる智恵の種」トップへ戻る>
<「賢者の心得」トップへ戻る>