賢者たちは言います。

本当の自分を見つけたいのなら、自分は何にワクワクするのかを知りなさいと。
「ワクワク」こそ生きる意欲の源泉であり、魂が求めていることなのだと。


あなたは何に「ワクワク」を感じますか?

何をしている時に時間を忘れ、我を忘れ、集中することができますか?
自分が開放されたように感じますか?


自分がこれまで何にワクワクを感じたのか、
そのワクワクの本質(ワクワクを感じる理由)は何なのか、
それらを知り、取り組んでいくことは、
私達が「本当の自分」であるために、とても大切なことだと思います。



この「ワクワクすることに取り組む」という智恵の種について、
賢者たちは次のような表現を用い、私達にアドバイスを送っています。



「本当の自分を見つけたいなら、自分のワクワク、子供のような好奇心を追いかけていけばよいのです」
「あなたは何に興味がありますか?どんなことをしているときが幸せですか?時間も忘れるほど夢中になることはありませんか?」

「自分の存在意義を見つけ、自分の中に隠れている情熱を再発見しましょう。まわりの人たちから教えられたことや自分自身の思い込みのせいで、私達は自然な衝動を抑圧してきました」
「人が取るべき責任ある行動はただひとつ。自分が心からしたいことをすることである」
「下手でも心を燃やせるものなら、ぜったいにやりつづけよう」
「自分のワクワクを本質までさかのぼると、自分がどの部分に夢中になるのかが理解できます」

「ソース SOURCE」 マイク・マクマナス

「魂の叫びに耳を傾け、それが発露するような生き方をしていれば、魂にどんどん栄養が供給されていくでしょう。
自分が本当にやりたいことは何か、わくわくすることは何か、喜びをもってやれることは何か、魂はそういうことを求めています。
本当に心から喜びをもってやれることに対してなら、人間はその感動をバネに、ものすごい力を発揮するものなのです」

「宇宙の根っこにつながる生き方」 天外伺朗

「皆さんもまず、自分の長所は何か、好きなことは何かをじっくりと考えて、そして自分の特性のようなものを導き出されるのが一番間違いのない自分の道の選び方だと思います」
「大切なことは、自分がほんとうに心の底からワクワクするか、充実するかなのです」

「いますぐ人生をひらこう」 船井幸雄「

「幸福を追求することは、人間の正しい本性である。私達の魂は幸せを切望している」

「マスターの教え」ジョン・マクドナルド

「あなたが味方づくりをする時に最も重要な武器。それは論理理屈を超えた感動である。この武器は、あなたがドキドキ・ワクワク・ウキウキして使うなら、波動のように拡がり、つぎつぎと伝染していく」

「魔法の言霊」 橘月尚龍

「あなたは自分の好きなことを、好きなようにやっていいのです。
あなたはいったい、何をやりたいですか。
何になりたいですか。
どのように生きたいですか。」

「宇宙で唯一の自分を大切にする方法」山川亜希子

「思考をプラスに走らせるには、積極的にうれしい経験を積み重ねることが必要です。まず、うれしい経験をゲーム感覚で探してみましょう」

「前向きな気持ちにさせてくれるものを意識して探すことで、脳の中の「網様体賦活系」が次から次へと『幸福』を見つけてくれるようになります」

「うれしいことに目を向けるために、一日に何度も心の中で『賞』を与えてみてください。『行儀のいいワンちゃん賞』『親切なドライバー賞』といった具合です」

「『脳にいいこと』だけをやりなさい!」マーシー・シャイモフ

「生きることを楽しんできましたか?
楽しむなんて忘れて、真面目に生きてきたのでは?」

「ヒマラヤ聖者の超シンプルなさとり方」ヨグマタ相川圭子

「ふだんから好奇心を大切にし、さまざまな出会いや出来事が、よりひんぱんに自分の人生で起こるように積極的な行動を取ってきた人ほど、自分にとって好ましい偶然を手にできる確立が高い」

「偶然をチャンスに変える生き方」諸富祥彦

「人をワクワクさせるエネルギーが運の源になる。
運とは、『ワクワクするときに生まれるエネルギー』だと私は解釈しおています」

「自分がワクワクしたり、深いところから情熱を感じられるようなことにはお金をかける価値があります。
人生は楽しむためにあります。あなたが、最高に楽しい!と毎日感じられるようになれば、その投資を何倍もい上回るお金がやってくるでしょう」

「自分の本当にやりたいことをやってください。ワクワクすることをやってください。
それは、あなただけでなく、あなたに縁のある人にとっても、最高の幸せにつながっていくでしょう。
強運を呼び込むには、自分らしい人生を生き、才能を分かち合い、縁ある人と最高の時間を過ごすこと、それが一番の方法です」

「強運を呼び込む51の法則」本田健

「あなたが、あなたらしく生きること。
あなたが、一切の迷いなく、自分らしく仕事をすること。
あなたができる、これ以上の社会貢献はありません」

「マイクレド」浜口隆則・村上隆介

「何かあったとき、『これは天の声だ』と思って聞くのです。そして『このことで楽しく遊べないかな』と考える。遊びといったって、自分の頭のなかでの遊びですよ。こういう素晴らしい話を聞いた、それが心に残ったら、これを遊びに変えられないかなって。そしたら、遊びなんだから、勝ったほうも、負けたほうも楽しくて、思わず笑っちゃうようなのが一番いいじゃない?」

「眼力」斎藤一人

「我々が自分自身を、また生活から得る学びをどのように感じるかは、究極的には心が日々の経験をどのように濾過し、解釈するかに左右される。我々が幸福であるかどうかは、世界の大きな力に加えることのできる統制によるのではなく内面の調和による。」

「生活の質というものは、自分について他者が考えていることや、自分が所有しているものとは直接には無関係であるというのが現実である。基本はむしろ、我々が自分自身について、また自分に起こることについてどう感じているかということにある。生活の質を改善するには
経験の質を改善せねばならない。」

「フロー体験・喜びの現象学」M.チクセントミハイ

「楽しさの現象学は八つの主要な構成要素を持っている。
第一に、通常その経験は、達成できる見通しのある課題と取り組んでいるときに生じる。
第二に、自分のしていることに集中できていなければならない。
第三、および第四として、その集中ができるのは一般に、行われている作業に明確な目標があり、直接的なフィードバックがあるからである。
第五に、意識から日々の生活の気苦労や欲求不満を取り除く、深いけれども無理のない没入状態で行為している。
第六に、楽しい経験は自分の行為を統制しているという感覚をともなう。
第七に、自己についての意識は消滅するが、これに反してフロー体験の後では自己感覚はより強く現れる。
最後に、時間の経過の感覚が変わる。」

「フロー体験・喜びの現象学」M.チクセントミハイ

「最適経験の基本要素は、それ自体が目的であるということである。
将来での利益を期待しない、することそれ自体が報酬をもたらす活動。
人の能力にフィードバックを送り返すという相互作用が始まると、それは内発的な報酬をもたらし始める」

「フロー体験・喜びの現象学」M.チクセントミハイ


≪関連する智恵≫
しくみと法則 「同種のものを引き寄せる」  「自分が創ったものを受け取る」
知恵の種 「自分の中に原則を持つ」
ワーク 「ワクワクの源泉を知るワーク」  「心の流れを取り戻すワーク」


<「賢く生きる智恵の種」トップへ戻る>



感謝の気持ちをそそぐ

ワクワクすることに取り組む
<「賢く生きる智恵の種」トップへ戻る>
<「賢者の心得」トップへ戻る>