多くの賢者たちが法則として説いているものに、
『収穫の法則』というものがあります。


「自分で播いた種は、自分で刈り取らねばならない」

というものです。


私たちは常に様々な種を播きながら生活をしています。

心に想起する思い、発する言葉、表情や行動、
それらすべてが種を播く行為です。

そして私たちは常に様々な種からの「実り」を収穫します。

私たちが望むと望まざるとに関係なく、種は実りをむかえます。
そして私たちが自らの手で刈り取るまで、その果実はなくなることはないのです。



「思いや感情」という種は、私たちの人格を作り上げ、
その人格によって生み出された新たな「思いや感情」という果実をもたらします。

相手に発した「言葉や態度」という種は、相手の心の中にあなたに対する
特定のイメージを作り上げ、相手からあなたに向けられた「言葉や態度」という果実をもたらします。


出したものは、返ってきます。

これは「波」がもつ顕著な特性であり、フローとストックの循環構造がもらたす
非常にわかりやすい効果でもあります。


この「自分が創ったものを受け取る」という法則について、
賢者たちは次のような表現を用い、私達にメッセージを送っています。



「播いた種子は刈り取らねばならないと言います。あなたが不和と不調和の種子を播けば、あなたは不和と不調和を刈り取らねばなりません」

「今すぐに喜びと幸せ、愛と、やさしさと、思いやりの種をまいて、それがあなたにどんな形で返ってくるか試してごらんなさい」

「心の扉を開く」アイリーン・キャディ

「人は自分の蒔いたものを、また刈り取るのである」

「魂との対話」マイケル・ローズ

「あなたの与えるものが、あなたの受け取るもの」
「出したものがはね返ってくる」


「続人間の研究」船井幸雄

「人間が言ったり、行ったりしたことは、必ずその人にはね返ってくる」

「宇宙の根っこにつながる生き方」天外伺朗

「私たちを取り巻く環境は、真の私たちを映し出す鏡にほかなりません」

「原因と結果の法則」ジェームズ.アレン

「世の中のすべては、自分の鏡である」

「万人幸福の栞」丸山敏雄

「原因となるのは行いだけではありません。あなたが話す言葉、心に抱いた思いさえ、すべて目には見えない霊的エネルギーを放ち、いつかあなたのもとに何らかの結果として返ってきます」

「スピリチュアルな人生に目覚めるために」江原啓之

「言霊の特性の1つは波動であるということ。いつでもコダマを生みながら伝達する。だから、いいことも悪いことも、しっかりとあなたのもとに谺となって帰ってくる」

「魔法の言霊」橘月尚龍

「必要な務めを果たし、作業を行わなければならない。蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はない」
「思いの種を蒔き、行動を刈り取り、行動の種を蒔いて習慣を刈り取る。習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、人格の種を蒔いて人生を刈り取る」

「7つの習慣」スティーブン・コヴィー

「人は手に入れるものによって生計をたて、与えるものによって人生を作る」

ウィンストン・チャーチル

「自分が持っている最高のものを世の中に与えれば、最高のものが自分に返ってくる」

エラ・ウィルコックス

「与えることと受け取ることは、いわばコインの表裏のようなものです。このふたつは、いつもバランスがとれるしくみになっています」

「you can have it all」アーノルド・パテント

「幸せは、いつも自分のこころが決める」

「いい言葉は3日で人生を変える」池口恵観

「仏教には『善因悪果』という言葉があります。善きことを積み重ねていくと、必ずよい結果が得られるということです。逆に悪行にどっぷりとひたっていれば、悪い結果しかもたらされません。『悪因悪果』です」

「いい言葉は3日で人生を変える」池口恵観

「どうしたら、悪いカルマに打ち勝ち、幸福への道にいたることができるのでしょうか?それには『気づく』ことが必要です」
「目の前のこと、自分だけのことだけを見るのではなく過去、現在、未来に目を転じてみるのです。そこに、苦しみの原点があるのです」

「幸せの絆」木村藤子

「人生とは、与えることと受け取ることからなる大いなるゲームだ」
「もしも成功を願っておきながら失敗の準備をしたなら、その人は自分が準備をした状況を得ることになります」
「人の思考、行動、そして言葉は、遅かれ早かれ、驚くべき正確さで自分に戻ってきます。それがカルマの法則です。カルマとはサンスクリット語で『報い』のことです」

「人生を豊かにする法則」フローレンス・S・シン

「良いことをすれば良いことが返ってくるし、悪いことをすれば悪いことが返ってくる。ただそれだけのことなのです」

「人生生涯 小僧のこころ」塩沼亮潤

「宇宙の大法則に『投げかけたものが返ってくる』というものがあります」
「人との関係にあてはめれば、『愛すれば愛される』『嫌えば嫌われる』ということです」

「心を軽くする言葉」小林正観

「私たちは自分ですべてをつくりだし、自分で自分の生き方を決めているのです」

「宇宙で唯一の自分を大切にする方法」山川亜希子

「音が水滴を通り抜けるとき、目に見える波を生みだすように、わたしたちの『信念の波動』は宇宙という量子の織物に波紋を引き起こし、わたしたちの身体やわたしたちが人生で経験する癒し、豊かさ、平和、病、欠如、苦悩となる。音を調節してそのパターンを変えられるように、わたしたちは信念を調整して、自分が大切にしているすべてのものを保存することも、破壊することもできる」

「すべては、わたしたちが信じることに戻ってくる。単純すぎて信じがたいように聞こえるかもしれないが、宇宙はまさにそのようにして動いているのだ」

「わたしたちは信念を通して、宇宙でたった一つの最も強力な力の贈り物を受け取る。人生、身体、世界を選択によって変える力だ」

「宇宙のマニュアル」グレッグ・ブレイデン

「人間関係心理というものは、原則が案外単純で、自分が相手を嫌えば、その相手も自分を嫌う。逆に相手のことを好きになれば、相手からも好かれるという互恵性を持っている」

「『あまり人とかかわりたくない』人のための心理学」齊藤勇

「誰もが皆、何となく知っている『カルマの法則』。『よい行いはよい結果を、悪い行いは悪い結果を生む』『善因善果、悪因悪果』・・・カルマの法則はいろいろな言葉で表現されています」

「人生の出来事は、単なる偶然の積み重ねではない。そこには自分の意思がかかわっている」
「自分の運命は『我が身に何が起きたか』ではなく、『その出来事にどう対処するか』で決まる」

「よいカルマ よりよく生きる20則」ジョーン・ダンカン・オリバー

「我々の生活で最良の瞬間は、受動的、受容的な状態でくつろいでいる時に現れるのではない。最良の瞬間は普通、困難ではあるが価値のある何かを達成しようとする自発的努力の過程で、身体と精神を限界にまで働かせ切っている時に生じる。」

「フロー体験・喜びの現象学」M.チクセントミハイ

「素の魂の大きな役割は、あなたの大切な人生の選択権です。私たちではなく、あなた自身が選択しているのです。選択したことの責任も素の魂にあります。」

「死なないで殺さないで」アマノコトネ


≪関連する智恵≫
しくみと法則 「バイブレーション」  「循環の構造」



<「しくみと法則」トップへ戻る>



収穫の法則

自分が創ったものを受け取る
<「しくみと法則」トップへ戻る>
<「賢者の心得」トップへ戻る>