<戻る>
「泥水をたくさん飲んでも濁らない自己を磨け」
「いそがばとまれ」より



玉磨かざれば光なし