椅子の上に静かに座ります。

   背筋をまっすぐにして、3回ほど深呼吸をします。

   少し身体をゆすり、体の緊張をほぐします。


   あなたのすぐ後ろに「光の存在」がやってきて、そこに立ってあなたを見ていると
   想像してください。

   「光の存在」はあなたを見つめています。あなたも光の存在を非常にはっきりと感じます。

   しだいにあなたの感覚のバイブレーションが変わり始めます。


   さあ、次に、この「光の存在」、すべてを知っている存在が、あなたの中にゆっくりと
   入ってきます。

   あなたの身体の中に入り込み、心の中にも、そしてあなたの感情の中にも
   浸透してゆきます。

   さらにあなたの意識とぴったりと一つになります。


   その存在は無限の智恵をもっています。
   そしてあなたの中で働きはじめました。

   光があなたの全体に満ちあふれているのを想像してください。

   光が広がり、あなたの中にあふれます。

   これがあなたの内なる神、あなたの中のスピリットです。


   心の中に、内なる神、本当のあなたとの関係に喜びを感じている自分を
   思い描いてください。

   あなたの中にあった「神の部分」と一つになったこの感覚を、愛してあげてください。

   瞑想し、スピリットとすばらしい愛情のこもった交信をしている自分の姿を
   思い描きましょう。


   光輝く神であるあなたが、あなたに言っている言葉に耳をすましてみましょう。

   抵抗することなく、あるがままに、ただ受け取ればよいのです。

   小さな声でささやくように語られるその言葉に意識を向け、そして心を開いてみてください。

   紙とペンを持ち、立ち聞きした話しをメモするように、聞こえてきた言葉を書き取ってみても
   よいかもしれません。

   しばらくこの時間を楽しんでみてください。


   内なる神を感じ、内なる神に話しかけ、神と笑い、神に感謝し、
   神を愛して一日をすごしている自分を思い描きましょう。

   内なる神と恋をしている自分を想像しましょう。

   この体験は、とても心地よく楽しいものです。


   さあ、内なる光の存在とのつながりを保ったまま、ゆっくりと部屋の中に意識を
   戻しましょう。

   大きく深呼吸を3回おこなってください。

   次に身体をゆっくりと動かし、あなた座っている椅子、そしてあなたの身体を感じましょう。

   最後に椅子から立ち上がり、大きくのびをしましょう。

<「ワーク」トップへ戻る>


<「ワーク」トップへ戻る>

光の存在になるワーク

「愛の波動を高めよう」(アイリーン・キャディ著)の中で紹介されていた
瞑想のワークです。(抜粋とアレンジをしています)

自分のバイブレーションをイメージの中で高め、
自分の内なる声に耳を傾けていく大変有効なワークだと思います。