目を閉じて、感覚をとぎすませ、自分のからだを意識してください。

   あなたは今、どんな気持ですか?

   1)あれこれ考えずに、自分の気持ちをそのまま感じてください。
     気持ちがもっている「エネルギー」と「パワー」を感じましょう。

   2)ありのままの気持ちを愛してください。
     その気持ちがもつパワーを愛しましょう。

   3)気持ちを感じている自分を愛してください。
     気持ちがもつパワーを感じている自分自身を愛しましょう。


   レッテルを貼らずに、気持ちをありのままに感じられるようになると、
   「気持ちはエネルギーを持っている」ということに、まず気がつきます。

   すべてのエネルギーは振動しています。
   そしてすべてのエネルギーが、独自の波動をもっているのです。

   エネルギーがどのような波動をからだにおくっているか感じましょう。
   また、エネルギーの強さも確認してください。

   最後に、エネルギーに自分のものである。自分自身のパワーであると認識します。  



   4)あなたはどんな気持ちでいたいですか?
     自分が感じうるなかで、最高に素晴らしい気持ちを感じてください。

   5)その気持ちを愛してください。
     その気持ちがもつエネルギー、パワーを愛してください。

   6)その気持ちを感じている自分を愛してください。
     その気持ちがもつパワーを実感している自分を愛してください。


   このエクササイズは、自分にご褒美をあげるのに匹敵するくらい、価値あるものです。
   実践することで、さらに深く自分を愛せるようになるからです。

   自分に対する愛情が高まれば高まるほど、それに反比例して、物質に対する執着心は薄れて
   いきます。
   そうすると、物質に注いでいたパワーをとりもどせますから、宇宙のパワーはすべて自分のもの
   だと実感できるのです。


<「ワーク」トップへ戻る>


<「ワーク」トップへ戻る>

気持をありのままに感じるワーク

思考がつくる「レッテル(○○はこういうものだ、という思い込みや決め付け)」をはがし、
自分のありのままの感覚を素直に感じるワークです。

物事が思うように進まないとき、否定的な気持ちを抱いているときなどに
行っていただくと良いと思います。

「you can have it all(アーノルド・パテント)」で紹介されているエクササイズです。