■準備
    ◇まず1人きりでいられる密閉されたスペースをご用意ください。
    ◇そのスペースに窓があれば、窓を閉めてください。
    ◇瞑想を行う前に、体を軽く動かし、間接をほぐしてください。
    ◇謙虚な気持ち、素直な気持ちを抱くようにしてください。
    ◇椅子または床に座ります。
    ◇目は閉じても開いても、どちらでも結構です。
    ◇紙と筆記具をご用意ください。


  ■呼吸
    ◇はじめに、<ステップ1>:呼吸に集中する瞑想を行います。
    ◇深い瞑想を行うにあたり、心と体のバランスを整えることが必要だからです。
    ◇以下、<ステップ1>:呼吸に集中する瞑想のポイントを列挙します。

   ◆呼吸を行う際の留意点
      ・複式呼吸。
      ・「吐いて」「吸う」の順番。(口から吐いて、鼻から吸う)
      ・長くゆっくりが基本です。
      ・呼吸とは天地自然の気との交流。
   <1−1>ゆっくりと呼吸する
      ・吐き終わったとき、吸い終わったときに、「緩やかな一瞬の間」を作る。
   <1−2>呼吸をしている自分に意識を向ける
      ・呼吸とともに変化する自分の体を感じる。
      ・そして体の変化を感じている「自分自身の内面」に意識を向ける。
   <1−3>意識を研ぎ澄ます
      ・カメラのピントを合わせるように、少しずつ「今」にピントを合わせる。
   <1−4>自分の中心にエネルギーを感じる
      ・体の芯に何かエネルギーのようなものが溜まっている感覚を得る。


  ■自分が「在る」ことを感じる瞑想
    ◇続いて、<ステップ2>:自分が「在る」ことを感じる瞑想を行います。
    ◇より高いところへ自分を導くには、自分を縛り付けているものを外しておく必要があるからです。
    ◇以下、<ステップ2>:自分が「在る」ことを感じる瞑想のポイントを列挙します。
   <2−1>弛緩
      ・体の各部分を一瞬緊張させ、すぐにフッとその緊張を抜く。(上から下へと順に行っていく)
      ・その際、自分の中に溜まっていた汚れや濁りが落ちていくことをイメージする。
   <2−2>光の玉
      ・おへその下に「光の玉」を輝かせ、体の中を通し上へと昇らせていく。
      ・頭の上に「光の玉」を輝かせ、下へとおろしていく。
      ・自分は天地の一部であり、体を通し天地の気の交流が円滑に行われていることを感じる。

   <2−3>体の感覚を消す
      ・自分を包むエネルギーの膜を感じる。
   <2−4>時間の感覚を消す
      ・拡散した意識をキューッと集約させ、「今、ここ」という1点に凝縮させる。
   <2−5>思考を消す
      ・思考を眺め、「眺めている自分が在る(ある)」という感覚を得る。
   <2−6>「在る」という感覚にひたる
      ・自分のすべてをゆだね、ただ「在る」という感覚に身をまかせる。


  ■細に入り、つながる瞑想

   <3−1>チャンネルを合わせる
    自分のバイブレーションを高めるためには、自分のバイブレーションをつかまえる必要があります。

    「在る」という感覚にひたり、とてもリラックスした状態はそのままに、
    自分の中のチャンネルのようなものをコントロールし、「合う」という感覚が得られるまでチューニング
    を続けるのです。

    意識の「つまみ」を調節し、
    開いたり、閉じたり、
    高くしたり、低くしたり、
    外に向けたり、内に向けたり、
    粗くしたり、細かくしてみたり、と感覚のチューニングを行ってください。

    「合った」というサインは、とてもクリアな感覚として得られます。
    無心になれるという感覚に近いかも知れません。
    思考はやんでいるけど、心は自由を得ている、そんな感覚でもあります。
     ※合っているのだから、そこから動きたくないという思いも抱きます。


  ■細に入り、つながる瞑想

   <3−2>バイブレーションを細かくする
    チャンネルが合った自分自身のバイブレーションをイメージを使い細かくしていきます。

    @分割するイメージ
      ・1つの正方形をイメージします。
      ・それが2つに分割されることをイメージし、その分割された正方形のイメージと自分の
       バイブレーションをシンクロさせます。
      ・次は4つに分割されたイメージです。自分のバイブレーションもさらに細かくなっていくことを
       イメージします。
      ・次は亀裂が縦に2本入り、正方形は8つに分かれます。
      ・次は横に亀裂が2本入り、正方形は16に分かれます。
      ・そうやってどんどん正方形を小さくしていき、無限小まで分解を続け、自分のバイブレーション
       も極限まで細かくなったイメージを持ちます。

    A波のイメージ
      ・自分の今の感覚に合う波形(波長=山と谷の横の間隔、振幅=山と谷でできる上下の縦幅)
       をイメージします。
      ・自分の感覚とその波形を同調させます。
      ・波長(山と谷の横の間隔)を少しずつ圧縮し、半分くらいにします。
      ・次に振幅(山と谷でできる上下の縦幅)を少しずる圧縮し、半分くらいにします。
      ・波長、振幅ともに、さらに半分にします。音もさらに高音になります。
      ・波が、一本の線のようになるまで、圧縮を続けます。

    B音のイメージ
      ・自分が発するバイブレーションの音をイメージしてください。
      ・自分のバイブレーションにチャンネルを合わせ、どんな音が聞こえてくるか感じてください。
      ・音がイメージできたら、その音を少しずつ高い音に上げていきます。
      ・ブーン → ビーン
      ・さらに上げます。
      ・ビーン → キーン
      ・もっと上げます。
      ・キーン → ヒーン
      ・もっと上げます。
      ・ヒーン → ・・・・・・

    以上、自分のバイブレーションを細かくする3つの手法をご紹介しましたが、
    私はAとBを併用し、よく使います。
    自分のバイブレーションを微細なものにイメージできるよう、繰り返してみてください。

    このイメージは集中力をつかいます。
    そして慣れないうちは疲労を感じ、意識が散漫になりがちです。
    あまり無理をせず、少しずつ慣れていくのが良いと思います。

    また、自分のバイブレーションからズレていると感じたら、チューニングからやり直すように
    してください。(一度チューニングができてしまえば、次は比較的楽につかまえられるはずです)


  ■細に入り、つながる瞑想

   <3−3>意識レベルを高める
    自分のバイブレーションにチャンネルを合わせ、イメージの中でそのバイブレーションを
    可能な限り細かくしていきました。

    次はその細かくなったバイブレーションをそのままに(またはさらに微細なものにしつつ)
    自分の意識レベルを高い位置まであげてみます。

    飛行機でいえば、エンジンの出力を高め、飛び立つ(空に浮く)プロセスです。
    充実した状態が極まり、ステップを1段上へあがるようなイメージです。

    そのためには、まず「抵抗をやめる」ことです。
    意識の中にある、押さえつけようとする思いを完全に解き放ちます。
    
    自分のすべてをゆだね、ささげ、投げ出すことです。

    心は閉ざすのではなく開きます。
    意識は囲うのではなく、広げます。
    自分と他との境界をなくします。

    そして全体に対し、自分自身をそそぎ、自分自身が流れ出す感覚を抱きます。
    ※バイブレーションはその細やかさをどんどん高めていきます。

    バイブレーションが微細になり、意識レベルが高まってくると、背中から首筋にかけて、
    ゾゾゾっとエネルギーのようなものが駆け上がります。
    それをイメージしてみてください。


    抵抗をやめ、広げます。
    愛の意識を全体にそそぎます。
    バイブレーションはさらに細かくなり、意識が高いところにどんどん昇っていきます。

    高く、高く意識を押し上げていきます。

    高く、高く。 高く、高く。


  ■細に入り、つながる瞑想

   <3−4>突破
    心を解放し、意識レベルを押し上げ続けていると、
    体の芯からブワッというエネルギーの流れが沸き起こり、
    突然ふと、「何かを抜けた感覚」が訪れます。

    トンネルを抜けたような感覚。
    厚い雲を抜けたような感覚。
    圧迫された状態から開放された感覚。
    暗いところから、光あふれるところに通じた感覚です。

    そこは、とても開けていて、抵抗がなく、限りなくオープンです。

    自分であるものを、やわらかであたたかなものが包んでいる感覚があります。

    これを私は「突破」の感覚と呼んでいます。

    自分の意識が高まり、全体であるものと「つながった」状態であると認識しています。
    とても安全で、安心で、心が豊かさで満ち溢れ、心地よい世界です。

    意識を少し広げてみると、途方もなく膨大なものの一部となっていることがわかります。
    
    ここでは何でもできるように感じ、
    得ようと思えば、すべての情報に触れられるように感じます。

    この状態にただ身をまかせ、全体であるものとの交流を得ます。

    この心地よい状態にあるだけで、膨大なエネルギーを得ることができます。

    そのことは、顕在意識に戻ってからも、実感できることでしょう。

    ただただ、この状態を楽しんでください。


    ********* 認識しておきたいこと **********

    ※この瞑想は非常に深いところ(高いところ)で行う瞑想です。
      日常生活に戻る前には、必ず瞑想を解くためのアクションを行ってください。

    ※無理をしないことが重要です。
      体調がすぐれないとき、集中力が続かないときなどは、深い瞑想は行わないことも
      心身を健全に保つためには大切なことです。

    ※瞑想終了後、気づいたことや感じたことの記録をとっておくと良いと思います。
      その記録は自分自身をより深い瞑想へ誘うヒントとなります。
      
    ※体(肉体)は自分の意識で自由に動かせます。
      もしこの状態のときに、何か重要なメッセージを得た場合には、ごく短い単語を目をつぶった
      まま書き残しておいてもよいかも知れません。
      この状態で触れた情報は、は夢と同様、顕在意識下に戻るとほとんど忘れています。

    ※情報を得ること受け取ることばかりにとらわれると、意識が我欲に染まり、バイブレーションが
      低いほうへと流されていきます。
      そこで何かメッセージを得たとしても、低いレベルのバイブレーションと同調したものからの
      メッセージとなってしまうでしょう。
      奪うのではなく、基本は交流と循環です。

    ※この状態のときに、不安や恐怖、我欲などを持ち込まないことです。
       そのようなもの(低いバイブレーション)にとらわれると、どんどん低いものへと流されて
      いってしまいます。
      もし、そのような意識が芽生えそうになったら、第三者的に傍観して受け流すことです。
      とらわれないことです。


  ■瞑想終了時には、「感謝の祈り」と「瞑想を解くアクション」を行います
    <はじめに>をご参照ください。

    瞑想が深まれば深まるほど、日常生活とは異なる意識状態になっていきます。

    大切なのは、瞑想終了後に、日常生活に適応できる意識状態に戻しておくということです。
    そしてよりよい日常生活を営むために、前向きな暗示を自分に注ぐことも大切なことです。


   ≪感謝の祈り(例)≫
      「私は、今の自分自身と、自分がしていることを楽しむ。ワクワクを感じる」
      「私は現状の改善と創造を行っていく」
      「私は、良心に正直である」
      「私は、感謝の気持ちをそそぐ。自分自身に、自分を見守ってくれるすべての存在に、そして
       私を包み込む全体に対し感謝をそそぐ」
      「私は、『今、ここ』に生きていく。『今、ここ』に生きているのだから」


    ≪瞑想を解くアクション≫
     (1)一定時間、意識して体を動かす
        ・瞑想が解かれるまでには時間がかかります。少なくとも10回以上、同じ行為を
         繰り返すようにしてください。
         ※両手を閉じたり開いたりなど
        ・ポイントは、意識してそれを行うということです。「私は体を動かすんだ」そういう意思と
         それを実行する体の動きを思い出すのです。
     (2)深呼吸を3回行う
        ・一定時間体を動かした後、大きく深呼吸を3回行ってください。
        ・呼吸をする際、呼吸をしている自分自身を感じながら行ってください。


<「瞑想トップ」へ戻る>

<「ワーク」トップへ戻る>

瞑想のワーク

<ステップ3>:「細」に入り、つながる瞑想
この「細に入り、つながる瞑想」は、
自分のバイブレーションを「粗い状態」から「可能な限り細やかな状態」に高め、
より高いものとの一体感を感じることを目的としています。

この「細に入り、つながる瞑想」を継続的に行っていくことで、
自分のバイブレーションを高めるための癖づけができるようになります。

非常に深い瞑想となりますので、
瞑想を行うにあたっての留意事項を再度ご確認ください。
<はじめに>をご参照ください。
<「瞑想トップ」へ戻る>
<「ワーク」トップへ戻る>