<「ワーク」トップへ戻る>

    目標の設定というものは、自動車のナビゲーションシステムに目的地を入力することに
    似ています。

    誤った入力をすれば、自分が望んでいない場所に到着してしまうでしょうし、
    しっかり入力が行われていなければ、途中で道に迷ってしまうことでしょう。

    また、人間には偉大な「創造の力」というものが宿っています。
    (※「焦点があたるものを創造する」参照)
    この創造の力は、入力された目的地に向かうルートを検索し、そのルートに沿って自動車を
    走らせようとする力です。
    この力をいかに有効に働かせるかも、目標設定の大切なポイントになってきます。

    以下、目標設定にあたって留意点をいくつかご紹介いたします。
    

   ◆設定する目標は、漠然としたものではなく、ゴールが鮮明にイメージできるような
    具体的なものであること。


     カーナビの例で言えば、目的地をしっかり点で特定せよということです。
     目的地があいまいであれば入力そのものができませんし、入力ができなければ
     ルート検索も、ルートに沿って車を走らせようとする力も起動しません。

     仮に大まかなエリアでの入力に成功したとしても、目的地に近づくにつれ、道に迷ってしまう
     ことでしょう。
     目標は具体的に、達成された状態をリアルに想像できるように、が原則です。


   ◆設定する目標は、同時に達成することができない複数の目標を作らないこと。

     カーナビの例で言えば、それは目的地を1度に2地点入力するようなものです。
     次にいく目的地は、1つだけしか入力ができません。
     もし仮に入力できたとしても、まずどちらに向かって自動車を進めればよいか混乱を
     生じさせることになります。

     また重要なのは、1度インプットしてまだ到達できていない目的地情報は、それをキャンセル
     しない限り残ったままでいる、ということです。
     設定した目標を途中であきらめ、別の目標に切り替える場合、前の目標を1度キャンセルして
     ください。それを目標にしないことをしっかりと宣言することです。けじめをつけることです。
     そうしないと、新しい目標を設定しても、目的地を複数設定したときと同じ状態となり、
     自動車は身動きがとれない状態になってしまいます。


   ◆設定する目標は、肯定的な言葉を使用すること。

     カーナビに入力すべき情報は「○○に行く」です。
     「○○に行かない」「○○ではないところ」とは入力ができません。
     仮にできたとしても、自動車はどこへ走り出してよいかわからなくなってしまいます。


   ◆設定する目標は、自分の中の「生きていくための原則(価値軸)」と合致するもの
    であること。

      (※賢く生きる智恵の種の「自分の中に原則を持つ」参照)

     カーナビに目的地をしっかり入力することができたとしても、その目的地が本当に自分が
     行きたいところなのかがはっきりしなければ、途中で迷いが生じます。
     それは、「私は北へ向かう」という価値軸を持っているのに、入力した目的地が南に位置する
     場所ならば、きっと道中でジレンマに陥ることでしょう。
     そしてもしも、それでも南の目的地を目指そうとするならば、自分が抱いている価値軸を
     思い出すたびに心に蓋をしなければならなくなるでしょう。それは苦しみを生む原因になる
     ものです。


    ◆設定する目標は、夢がもてるものであること。
  
     どうせ目的地を入力するのなら、ワクワクできるところにしませんか、ということです。
     「北へ向かう」という価値軸を持っているのなら、途中に設定する目的地は、「ここから
     数十キロ北にある何の特徴もない交差点」ではなく、「北に位置する緑豊かな公園」で
     あったり、「子供のころから1度行ってみたかった場所であったり」そんなところに設定して
     みましょうということです。


    以上、目標設定の際の留意点を5点ほど列挙してみました。

    本当は他にもたくさんの留意点があるのですが、あまり多すぎると混乱が生じるだけです。
    もし留意点を見つけたかったら、私がやったようにカーナビや自動車の運転をイメージして
    みるとよいかも知れません。

<「ワーク」トップへ戻る>

目標設定の留意点

目標の設定というものは、非常に慎重に行うべきものです。
なぜなら、目標を設定する際に気をつけなければならないルールといったものがあるからです。

それでは具体的にどんなことに気をつけなければならないのか、
主だったものをご紹介したいと思います。
(※賢く生きる智恵の種の「具体的な目標を示す」および関連する智恵もご参照ください)